PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
BlogPeople
あわせて読みたい


10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
タグふれんず

多趣味が趣味♪

読んだり☆観たり☆感じたり☆
『桜華に舞え』『ロマンス!!』開幕。

大劇場公演初日、おめでとうございます!!

そわそわしてましたが、無事に幕が上がり、初日の幕が閉まった模様。

評判はチラチラ聞こえて参りますが、

なにぶん私自身が見ておりませんので、自分の目で見るまでは感想等は薄目で見るにとどまりましょう。

 

でも、写真を見てしまった!

明日の初日映像どうしよう!?

・・・・・・・絶対見ちゃうな・・・。

 

デイリースポーツ→こちら

神戸新聞→こちら

 

少々のネタバレには動じない方、どうぞ!

 

 

web拍手 by FC2

| 宝塚歌劇団(その他の話題) | 20:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
『桜華に舞え』予習〜スカステ〜

なんと、あさって初日です!!

自分が行かないもので実感が持てずにいたんですけど、

今日、スカステニュースで稽古場映像を見て、「出来上がってる・・・!」と思ってサヨナラ公演が始まるんだと少し実感がわいてきました。

 

先日、時代背景の予習をしようと本を読んでいましたが、

スカステでもどんどん情報が出てきました。

 

新たに始まった番組『プレ・ステージ』という番組が良かったです。

会津の武家娘を演じる風ちゃんが会津藩へ、

薩摩藩士と薩摩の娘をそれぞれ演じる、しどりゅー&あーちゃんが薩摩藩へ。

 

簡単ではありますが、時代に翻弄された両藩の立場もわかりましたし、

どういった教えがなされ、故に彼らはそういった行動を取ったんだなぁということも語られていましたよ。

 

しどりゅーが示現流、ふうちゃんが薙刀を振るう勇ましい姿も見られました。

 

本で読んでいた場所(鶴ヶ城とか、西郷さんの最後の場所とか)の映像を見られたのも、胸に迫るものがありましたね。

物語ではなく、生きて死んだ人が、確かにいたんだな〜って思うし。

実際に行ってみたくなってしまいますね。

 

 

そんなこんなで、本日流れたのが稽古場映像です。

 

殺陣をするみっちゃんは眼光鋭く、カッコ良かった。

二枚目のみちこはカッコイイのです!!

(二枚目でありますように・・・たぶん大丈夫だと思うけど念のため)

 

最初に映ったのと、少年時代(?)の中村半兵衛さんは袴姿で、

大人の半兵衛さん(桐野利秋さんに改名後?)は軍服のようでした。

 

紅かいは、山高帽かぶってたから、軍服ではなく洋装なのかもしれない。

しーらんは、雰囲気は軍服っぽかったけど、どうなのかしら。

 

みっちゃんと美城さん、みっちゃんとハッチさん、みっちゃんとポコちゃん、みっちゃんと風ちゃん。

なんていうシーンもそれぞれ抜粋されました。

 

まおくんは記者役ですが、瓦版売りのような場面が映りましたね。

 

まこっちゃんは、銀橋でのお歌がある模様。

どんな風に桐野利秋との絡みがあるのか気になります!

 

でも一番度胆を抜かれたのは、薩摩弁が本気だったことですwww

早口で喋られると、何言ってるのかよくわからないwww

流暢すぎますwww

 

耳馴染んできたらわかるのかしら。

耳馴染む頃には、舞台が終わちゃうんじゃないかしら。

と、ちょっと心配。

 

ここもみっちゃんの「本物をお見せします!!!」の一環なんだろうな〜。

んーーーーでも、西郷さん=薩摩弁、という揺るぎないイメージがあるから、難しいとこよね。

西郷さんだけ訛らせるわけにはいかんしなぁ・・・。

 

江戸で新政府を打ち立てた面々は、徐々に方言が薄くなっていきそうだけどね。

その辺も対比させるのかもしれないな。

(『星逢一夜』でも、三日月藩から江戸にのぼったら標準語になって帰ってきてたし)

 

 

ショーの方は、「岡田先生のロマンチックレビューだな〜」ってのが、よくわかる感じがしました。

パステルカラーの娘役さんは可愛いし、宝塚の男役でしか表現しえない夢夢しさもいいのだけれど、みっちゃんに似合うお衣裳にしてあげてください・・・とは祈ってしまう・・・。

 

洋楽の場面が入るのも、岡田先生らしい。

 

 

稽古場レポートでは、レポーターズのみっきー&あんるちゃんが、ゲストの真彩希帆ちゃんと湊璃飛くんとトーク。

 

パステルカラーのドレスに、可愛いお帽子、花束を持った娘役から始まるプロローグ。

謝先生振付の"友情"の場面あり。

みちふうで"初恋"の場面あり。(大浦みずきさんが踊られたナンバー)

中詰めは、「裸足の伯爵夫人のボレロ」から、サンバになって客席降り。

最後は「イルムンド」で、男役は黒燕尾、娘役は白いドレス。

 

てな情報を頂きました。

 

きーちゃんは、中詰めはWトリオで歌いまくりのようです。

オススメ場面は、幕開きの風ちゃんを囲んでのダンス。

でも、「ひなみさんが可愛いので見てください!!」とのこと。(エエ子やね…)

 

きみちゃんのオススメは、"友情"の場面で、謝先生の振付を初めて受けた『黒豹の如く』でも感銘を受けたという話をしてくれました。

うん、きみちゃんのダンスは謝先生の振付に合うと思う!粘りがあるから!

 

あと、"初恋"の場面でえまちゃんと一緒に軍服を着て出てきて、みちふうを見守ってるらしいよw

 

 

さあ、泣いても笑っても、初日まで2日!!!

web拍手 by FC2

| 宝塚歌劇団(その他の話題) | 14:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2017年カレンダー。

気になるカレンダーメンバーが今日発表されました。

去年は特に波乱はなく「ふ〜ん」って感じでしたが、

今回は沸きましたね。

 

美弥るりか、スターカレンダー掲載&パーソナルカレンダーの発売、発表です。

 

これは、みっちゃんのカレンダーが発表されたとき並にファンの方々はドキドキしてるかもしれませんねぇ。

「だったら、たまきちくんの前にみやちゃん挟めば良かったのでは?」って感じだけど、

みちこの場合も「じゃあ、テルさんの前にみちこで良かったじゃん」ってことなので、

どこかで何かが変わったのかもしれません。

ファンは結果のみを受け止めて踊るしかないので、真相はわかりませんし、これからのこともわかりませぬが。

でも、「これって、そーゆーことだよね!?」と主張したい気持ちは痛いほどわかるw

 

 

【スターカレンダー】

(専科)轟悠
(花組)明日海りお・花乃まりあ・芹香斗亜
(月組)珠城りょう・愛希れいか・美弥るりか
(雪組)早霧せいな・咲妃みゆ・望海風斗
(星組)紅ゆずる・綺咲愛里
(宙組)朝夏まなと・実咲凜音・真風涼帆

 

【卓上カレンダー】

(花組)鳳月杏・水美舞斗・柚香光・優波慧
(月組)朝美絢・暁千星
(雪組)彩凪翔・真那春人・彩風咲奈・月城かなと・永久輝せあ
(星組)十碧れいや・麻央侑希・礼真琴・瀬央ゆりあ紫藤りゅう
(宙組)凛城きら・愛月ひかる・蒼羽りく・桜木みなと・和希そら・瑠風輝

【ステージカレンダー】

(専科)轟悠・華形ひかる
(花組)明日海りお・花乃まりあ・瀬戸かずや・芹香斗亜・柚香光
(月組)珠城りょう・愛希れいか・凪七瑠海※・美弥るりか
(雪組)早霧せいな・咲妃みゆ・望海風斗・彩凪翔・彩風咲奈・月城かなと
(星組)紅ゆずる・綺咲愛里・七海ひろき・礼真琴
(宙組)朝夏まなと・実咲凜音・真風涼帆・愛月ひかる・桜木みなと


【パーソナルカレンダー】

(専科)轟悠
(花組)明日海りお・芹香斗亜
(月組)珠城りょう美弥るりか
(雪組)早霧せいな・望海風斗
(星組)紅ゆずる
(宙組)朝夏まなと・真風涼帆

 

【卓上パーソナルカレンダー】

(専科)轟悠(花組)明日海りお(月組)珠城りょう
(雪組)早霧せいな(星組)紅ゆずる(宙組)朝夏まなと

 

【ポスターカレンダー】

(専科)華形ひかる・星条海斗・沙央くらま
(花組)瀬戸かずや
(月組)凪七瑠海※・宇月颯紫門ゆりや
(雪組)鳳翔大・香綾しずる
(星組)壱城あずさ・七海ひろき・天寿光希
(宙組)澄輝さやと

 

 

月組のトップと二番手(?)、パソカレ&スタカレの両方が新登場なのが面白いですねぇ・・・。

だからか、卓上カレンダーのメンバーが2人しかいない。

 

星組の二番手は濁したまま暫くいくのかなぁ?

もう、まこっちゃんでいいと思ってるんだけど、私は。

学年がまだ低いから遠慮があるのかもしれないけど、トップに94期が就任するならもういいよね。

「組替えがあるのか、あるのか」と待っていてもないし、

月組の2番手をこれで決めるなら、もう動かないのかも。

 

私はずっと、「まこっちゃんが月に異動して、咲奈ちゃんが星に異動、かなとくんが雪で順当に上がれば丸く収まるんじゃないの?」と言っていたんですけど、94期のたまきちの下にみやるりちゃんを置くことにしたなら、スライドさせる意味はないもんな〜。

あと、他組の95期とのバランスを考えると、かなとくんを雪Pは早急に上げたいんじゃないかと思って。

 

こんなことをアレコレ考えちゃうのはヅカヲタのサガですね。

まぁそんなところも込みで面白かったりもしますけど。

(ガチ贔屓が渦中にいるとそんな高みの見物は出来ませんね。すいませんDoCoMo

 

 

ポスターカレンダーに、みっきーが新たに入ったのが私は一番嬉しいなぁ。

ポスカレって、かなりいい写真撮ってくるので、すっごく楽しみ!!

あの美しいお顔が、A3判のポスターになるんだよ〜kyu

 

ポスカレって、別格スターのためのものかと思ってたけど、

そういえば新発売した2015年は真風のもあったし、みやるりも今回パソカレ移行したし、必ずしも・・・ってわけではないんですね。

それなら、まこっちゃんやかれーくん、咲奈ちゃんなど3番手の子たちも出してあげれば売れるだろうし、ファンも喜ぶのにね。

その辺、商売下手やな・・・って思うんですけど。

 

あとは、気になるのは掲載月ですね。さてさて?

web拍手 by FC2

| 宝塚歌劇団(その他の話題) | 21:09 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
『桜華に舞え』予習。

初日まで、あと11日となりましたね。

タカラヅカニュースのスカイレポートや、演出家からのお話でチラチラと様子が伝わってき始めましたが、私も読んでいた資料が読み終わりました。

 

半藤一利『幕末史』

 

 

 

 

1853年の黒船来航から、1877年西南戦争・1878年大久保利通の暗殺までを扱った本でした。

「維新なんていっているけど、暴力による革命だ」という著者の主張は入っていますが、それはそれで「なるほど」と思うし、なかなか面白い本でしたね。

 

『桜華に舞え』の予習としては、範囲は広いけど、

そして、戊辰戦争と西南戦争については本当にサラッとしか扱ってくれてないけど、

1853年に黒船が現れてから、世論が割れ、明治になり、再び内戦が起き・・・という右往左往する日本の流れがわかりました。

 

勝海舟、徳川慶喜、孝明天皇、山県有朋、岩倉具視、大久保利通、西郷隆盛、がメインで出てきました。

やはり有名な方々ですね。

 

西郷さんと大久保さんは、2人とも薩摩の出身で幕末を共に戦い、江戸城を開城させるんですけど、

戊辰戦争のあとに西郷さんは一旦薩摩に帰っちゃうんですよね。

その後、再び政府に呼ばれて政治にかかわるようになるんですけど、

最終的には大久保さんと袂を分かち、西南戦争で2人は戦うことになる。

 

元仲間同士で戦うことになってしまうのは悲しいことです。

 

 

私が読んだ限りでは、西南戦争で相対するのは、

 

【薩摩藩】

西郷隆盛(美城れん)、桐野利秋(北翔海莉)、篠原国幹(天寿光希)、別府晋介(瀬央ゆりあ)、辺見十郎太(紫藤りゅう)

 

【新政府】

大久保利通(夏美よう)、川路利良(七海ひろき)、山県有朋:長州出身(壱城あずさ)、岩倉具視:公家(美稀千種)

 

という感じかな。

(他の人はどっちにつくのかよくわからなかった)

 

 

ところで、人物相関図を見たら、「話せばわかる」と言ったという犬養毅の暗殺事件(五・一五事件)が入っているので驚いたんですけど、犬養毅が長生きだっただけで、この人も西南戦争のときには既に大人(22歳)だったようです。

西南戦争のとき、桐野利秋は39歳だったので、メインどころよりは年下だけど、同じ時代を生きた人でもあったんですね。

 

でも、1868年戊辰戦争−1877年西南戦争−1832年五・一五事件って、広範囲過ぎるし、そもそも主人公死んでるのにその後をやる必要にないし、その辺を考えると犬養毅(麻央侑希)の回想から始まったりする??

犬養を襲撃するあやなちゃんの役の説明が"昭和維新を謳う海軍士官"って書いてあるから、また"維新を起こそうとする若者"なのか?と予想してみたり。

 

 

最後はハッピーなわけはないし、切ないお話になるだろうけど、

心に温かいものが残る作品になればいいなぁ。

 

web拍手 by FC2

| 宝塚歌劇団(その他の話題) | 22:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
真冬の星逢一夜。

来年の2月の雪組中日劇場の演目が出ましたよ〜。

ちぎみゆ(+だいもん?)なので、見に行くかもしれないと結構演目を楽しみにしてたんですけど、

『星逢一夜』の再演となりました!!

 

 

主演・・・早霧 せいな、咲妃 みゆ
中日劇場:2017年2月4日(土)〜2月28日(火)
ミュージカル・ノスタルジー『星逢一夜(ほしあいひとよ)』

作・演出/上田 久美子

 

ショーグルーヴ
『Greatest HITS!』
作・演出/稲葉 太地

 

 

「あの名作をもう一度!」ってことで嬉しくもあるけど(しかも再演でもない完全オリジナル)、

思い出の中に既に美しく浄化していたあの悲劇を、もう一度見る心が私には蘇らないかもしれない・・・。

ちぎみゆにとっての新作だったら、中日にちょいと足を延ばしても良かったんだけどな〜。

 

ただ、源太を誰が演じるのかは気になります。

 

星逢一夜は、別格だった夢乃さんが卒業して、きっちりした新生雪組をお披露目するための演目だったように思うのですよ。

きっと評判の良さで今回の再演につながったので、それはいいんですけど、

(もし見てない方がいらしたら、遠征してでも絶対に見て!スターさんというより物語と世界観を見て!と超オススメします)

再度のトリデンテ押しになるのかな〜?と。

 

源太はだいもんの当たり役だと思うので、またやってもいいと思うし、

それを望んでるファンの方もたくさんいらっしゃるでしょうけど、

ここはひとつ、別の布陣でも見てみたいなぁ・・・なんて思ってしまう私もいるという。

そのぐらい、源太はとっても大きな役なんだよね。

てか、ほぼ三人の話だから、まるきり同じだと変わり映えしなくない?

 

同じ作品をやったのって、私がパッと思いつくのは、えりあゆの『若き日の唄は忘れじ』なんだけど、中日と全ツではキャストを結構変えてきてるんだよね。

だから、よけいにどうなるのかな〜?って思うわけです。

 

万が一だいもんがDSとかしちゃう可能性もあるし、あり得ない話でもないですよね?

 

まぁ、「じゃあ、違う人が源太やるなら中日に行くのかよ?」と言われたら、わかりませんがw

 

 

で、その裏のバウ公演がですね、

びっくりなことに、ニューウェーブの復活ですwww

すっかり尻切れトンボで、企画が終わったのかと思ってたよwww

宝塚って、こーゆーの見ると、本当にどこまで見越して演目決めたり、スター路線決めたり、更にトップ決めたりしてるのか疑わしいよねwww

 

 

主な出演者・・・月城 かなと、永久輝 せあ ほか
◆宝塚バウホール:2017年2月9日(木)〜2月19日(日)
バウ・ショーケース『New Wave! −雪−』
作・演出/三木 章雄

 

 

今、押せ押せの"れいこ・ひとこ"ですよ〜。

 

2015年4月の宙組が最後だったので、約2年のときを経て再始動。

そしたら、残すは星組しかないわけで、やるんかな!?と来年の年間予定表を見てみたけど、

出来そうなところは見つかりませんでした。

カイちゃん主演はバウだけど、そのあとはドラマシティ+東上公演だし。

分割するには、ニューウェーブって出る人数多かったと思うんだよね。

 

ってことは、やるとしたら2018年か?鬼が大笑いだな〜。

 

私見なんですけど、バウって舞台機構が少ないので場転が単調になりがちで、ショーをやるにはむかないホールなんじゃないかな?って思うことがあるんです。

凝縮された空間で、芝居をする方があってるんじゃないかって。

花組ニューウェーブも、面白かったけど、んーーーー?って思うこともあったんですよね。

コンセプトはそのままでいいから、演出家変えて、主題歌もやめて、むしろ作り直した方がいいんじゃなかろうか?

web拍手 by FC2

| 宝塚歌劇団(その他の話題) | 23:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
七海監督作品、続編はじまる。

 

カイちゃんのブリドリ〜パーソナル編〜を見てきワクテカきした人、

この指とまれ〜!!

 

ってなわけで、今までは"正二番手"しかやれなかった番組『Brilliant Dreams +NEXT』がカイちゃんに巡ってきましたよ〜。

パーソナルブックもだけど、固定されていた枠が他のスターさんにも解放されたんだろうなぁと思う。

でも、みんなに魅力を知ってもらうチャンスが増えるのも、私たちに楽しみが増えるのも良いことだ!!

 

第一回は、ヒロインに夢妃杏瑠ちゃん。

カイちゃんと、ゲストのせおっち・夏樹れいくんが、

それぞれ杏瑠ちゃんの誕生日をお祝いするというシュチュエーションで、キュンとするセリフなどを考えドラマ仕立てにして放送。

 

このときに真っ赤な薔薇の花束を抱えたカイちゃんが登場しまして、

この映像(画像?)は、通してオープニングで使われるようです。

 

 

第二回は、ヒロインが綺咲愛里ちゃん。

ゲストは、ポコちゃんと天華えまちゃん。

家の中でのキュンとする場面を演じます。(→番組解説ページはこちら

 

プラスで、ぴーすけ先生のアイスボックスクッキーとバナナくるみパウンドケーキ講座。

 

 

あんるちゃんも可愛かったけど、ゴメン、私の中で、あーちゃんの可愛さが爆発した!!!

なんつーか、やっぱりヒロイン力が素晴らしいなあって。

 

ツンデレなポコちゃんにちょっと振り回されてむくれるけど、

最終的に「好き」って抱き付いちゃう可愛らしさとか。

 

一緒に勉強してたのに居眠りしちゃってたら、

後輩ぴーすけくんからノートに「好きです。」って書いてあって、

とろけるような笑み「私も好きだよはーとって書き添えるとことか!!!

 

可愛い可愛い可愛い!!!

カイちゃんに「可愛いは正義」と言われるだけある!!

(その後、カイちゃんもえまちゃんに「イケメンは世界を救う」という名言を頂きましたがw)

 

 

誰も嫌な気分にならない罪のない番組だと思うわwww

ホント恥ずかしいけど楽しいし、やってる本人たちも絶対楽しいよね〜。

 

舞台では見られないお衣裳(服装?)とお顔を見られるのもいい。

舞台メイクも大好きだけど、素化粧も好きなんだ、アタシ。

 

えまちゃんのパーカー+ジーンズに「サッカーしてそうな大学生」っぽい髪型(散髪したてw)にもキュンキュンしたわ〜。

年下感満載で、「愛里先輩」って呼ぶんやで??敬語やで?

そんでコーヒー入れてきたら先輩寝ちゃってて、肩掛けをかけてあげるんだけど、可愛い寝顔に思い余って走り書き・・・(ドキューンDocomo80Docomo80Docomo80

 

あーーーー恥ずかしいけど、楽しいーーーーーーデレデレあ

 

 

最後は、セリフなしで相手を想っている場面を演じるんだけど、その時のカイちゃんの相手がゲストの男役さん(女装)ってのが恒例になりそうw

 

今回は、はじめは相手はえまちゃんだったんだけど(まったく女装感なかったわ)、

みんなやって貰いたくて、あーちゃんは普通にできるんだけど、

ポコちゃんは(not女装)、どうみてもポコちゃんのがデカいからそのシチュエーション無理っっっ!てなって、一生懸命小さくなってて可笑しかったwww

 

でも、そこは袖まくってあげるのをポコちゃんにして、お皿洗ってるのをカイちゃんにすればよかったんだよーーーー!!(男×男ってのは、外せませんよねw)

七海監督!!!お願いしますよっっっ!!

 

 

さて、来月はゲストがもう発表されていて、壱城あずささんですぞ!!

同期コンビで何を見せてくれるのでしょうか!?

(他にゲストがいないのかはわからないけど)

しーらんは、男をさせても、女をさせても、麗しいので楽しみだ〜kyuきらきら

 

 

【ブログ内関連記事】

101周遅れで七海ブリドリ。

妄想彼氏を手に入れたw

『七海ひろきパーソナルブック』

web拍手 by FC2

| 宝塚歌劇団(その他の話題) | 14:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
宝塚花組公演『ME AND MY GIRL』

ミュージカル『ME AND MY GIRL』 2016年7月

脚本・演出・・・三木章雄

《CAST》

明日海りお 花乃まりあ 

瀬戸かずや 仙名彩世 鳳月杏 芹香斗亜 柚香光 鳳真由 水美舞斗 ほか

 

 

Bパターン

 

ジョン卿(瀬戸かずや)

マリア(仙名彩世)

ジャッキー(鳳月杏)

パーチェスター(柚香光)

ランベスキング(鳳真由)

ランベスクイーン(水美舞斗)

 

を、見てきました〜。

 

ミーマイは、THEミュージカルの古典的な楽しさがありますよね。

モブが多いし、銀橋もほとんど使わないので、

「いかにもタカラヅカ」という雰囲気にはなりませんが、

耳なじみのある曲ばかりでワクワクしました。

 

みりおくんのビルは、思っていたよりずっと良かった。

最初から品がいいなとは思ったけど、想像よりずっとコミカルだったので安心しました。

一度しか見てないので、どれが本当にあるセリフでどれがアドリブなのかはわかりませんが、軽快な感じが出ていたのが良かったな。

 

そして何より、サリーのことが本当に好きで、別れたくないと思っていることが伝わってきた。

若干、尻に敷かれたいとすら思っているようだったもんw

 

 

今までのミーマイと一番違う点は、マリア役を若い現役生が演じるっていうことでしたね。

Bパターンでは仙名ちゃん。

歌もダンスもなんでも上手い彼女のことだから心配はしていなかったけど、

やっぱり頑張ってる感は出ていました。

好意的にとれば、「マリアも頑張って家を守ってるんだな」という風に見えました。

 

仙名ちゃんマリアはどう見ても、40そこそこにしか見えず、

あきらのジョン卿も45くらい?

一度は嫁いだマリアが未亡人になって帰ってきて、

ジョン卿は独身貴族のまま、マリアを想っているってことかな?

 

でも、若いマリアが片意地はって「愛など中流階級にもの!」と言ってるんだなぁ〜と感じられ、

二人は本当は好き合ってたんだなと自然に思えました。

「男がひざまずいてプロポーズする!」ところなど、

こちらも見ていて幸せな気持ちになりましたようふ

 

 

ジャッキーはひたすら肉食女子で、ある意味爽快ですよね!

みりおくんが小さくて、ちなつさんが大きいので、襲われるところが猛獣を前にした子羊のようでしたw

 

ごくたまに娘役さんがジャッキーを演じることもあるけれど、

これだけ場面数が多くて、肉食女子だと男役がやることになるだろうな〜と納得。

オカマっぽいのも楽しいしw

 

反対にジェラルドってこんなに出なかったっけ?と思ったんですけど、

単にパーチェスターが面白すぎて、同じところに出てるから私が見れてなかっただけだろうか・・・。

 

そうなんです。

かれーくんのパーチェスターがあまりに面白くて、完全にオペラを持って行かれました!!

だって、動きがキレ過ぎててwww

なんなの、あのオカシナ人はwww

私の大好きな"残念なイケメン"枠に入るような・・・また別のジャンルの人なような???

ノッてくると眼鏡をバッと取るしぐさも、キレ過ぎてるwww

しかも、顔芸すごいの!!!顔芸なの!!!

 

結局、私はひたすら顔芸が好きなんだよーーー!!!

というオチ??w

 

歴代のパーチェスターを見比べたくなったけど、

まぁこれって劇場で見ないとまた違うよね。

 

そんな感じで、私のミーマイ観劇はパーチェスターに終始して終わりましたw

あー面白かったw

web拍手 by FC2

| 宝塚歌劇団(観劇感想*花組) | 16:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
『桜華に舞え』新公配役。

こんなに「早く新公配役を出さんかい!!」と思ったことはない。

むしろいつもは知らない間に出てるから、いつ発表なのかよくわかってなかったくらいだわ。

 

で、星組が自組になって、下級生の子たちがわかったきたので、そうなると「次はこの子か?」みたいに色々考えてしまうわけですよ。

 

私としては、主演はしどりゅーがもう一度やるかな?と思ってました。

 

が、飛びましたね。

ものすごく飛んだ!!!!

しどりゅーじゃなかったら、あやなちゃんだと思ってたし。

 

 

●桐野利秋(北翔海莉)→天華えま

●大谷吹優(妃海風)→小桜ほのか

●衣波隼太郎(紅ゆずる)→綾凰華

 

●大久保利通(夏美よう)→桃堂純

●西郷隆盛(美城れん)→音咲いつき

●八木永輝(礼真琴)→紫藤りゅう

●竹下ヒサ(綺咲愛里)→真彩希帆

 

 

えまちゃん、おめでとう!!!!

ほのかちゃんも、おめでとう!!!

 

2人とも初主演だよね・・・。

大変だけど、がんばって!!!

しかも、初めて!?な、日本物(幕末から明治だから、真の日本物ではないけど)だし、殺陣もたくさんあると思う。

だって、本役がみちこだもの!!!

 

なんか・・・慌てちゃって、午後は何も手がつかなかったよ・・・。

 

あやなちゃんは、2回連続の二番手役。

親友役のえまちゃんをどうぞよろしくお願いします。

 

美城れんさんの役を、いーちゃんってのも、すごくうれしい!

だって、絶対歌があるじゃない!?

 

桃堂くんは押し出しがよさそうだから、ハッチさんの役もこなせそうですよね。

渋い役どころがこなせるスターさん、大事!

 

まあやちゃんは、あーちゃんの役。

次回のスカピンのヒロインやりそうだな〜って思ってたから、

これは何となく予感がしてた!

私は勝手に、二番手さんの相手役かな?と思ってるんだけど、どうなんだろうか。

まあやちゃんのお歌も、生でしっかり聞いてみたいな〜。

 

しどりゅーは、まこっちゃんの役でしたね。

でも、これってヒロインに絡む重要な役っぽい。

会津藩のメインだもん。

 

 

本公演もどうなるかドキドキなのに、

新人公演も心臓バクバクです。

 

 

【2016,7,25追記】拍手からコメント下さった方へ

>き*さん

まこっちゃんは本当にすごい人だと思いますよ〜。

ベビーフェイスではありますが、うんと低い声も出るから舞台上では大人っぽくも出来るんですよね(テレビでアップに見ちゃうとまだ若いな〜って感じではあるけれど)

 

みっちゃんの役を沢山の下級生がやってくれるのも嬉しいですね。

きっと色んなものを残していってくれると思うので・・・。

そんな様子も見届けたいです。

 

web拍手 by FC2

| 宝塚歌劇団(その他の話題) | 22:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
朝夏トート、降臨。

明日、もうムラでは『エリザベート』初日なんだって!!

相変わらず、西の早さにはついて行けないよ〜〜〜〜。

 

しかし、パンフレットの表紙がカッコイイのよ。

私、基本的にまぁさまの写真が好きなのよね。

フォトジェニックな人だよね。

文は読まなくても、まぁくんの写真の出てる出版物はチェックしたくなる。

 

 

最近のパンフをバーッと見てみたけど、全身像(しかも真っ直ぐに立った姿)は珍しい。

まぁくんのスタイルの良さが出る、いい構図だなぁって思いました。

(前にananに掲載されたグラビアで、まぁくんの全身ショットが一番素敵だなって思ったのよ!)

 

どなたが撮影か知りませんが、中身も気になるわ。

もちろん、舞台の出来も気になります!

web拍手 by FC2

| 宝塚歌劇団(その他の話題) | 21:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
『桜華に舞え』配役と、さやかさん。

先日の金曜日が集合日で、前日からそわそわしていましたが、

美城れんさんが退団を発表されました。

『ロミオとジュリエット』の乳母の歌を聴いて、大感動したのを昨日のことのように覚えています。

そして、専科生になってからの目まぐるしい活躍。

『ガイズ&ドールズ』の三人組がカタチになっていたのは、さやかさんの存在が大きいと思います。

スカイとの二人の場面もあって、とっても嬉しかった。

 

先日の『One Voice』では、初日の挨拶をするみっちゃんの後ろで泣いているように見えました。

 

さやかさんが、いつの段階で退団を決意されたのかはわかりませんが、

みっちゃんのサヨナラ公演で退団するというのは偶然ではないでしょう・・・。

 

「さやかちゃん」と口にするみちこは、甘えん坊の末っ子みたいな顔をします。

思い出しただけでも、泣きそうな私です・・・。

センチメンタルな気分になっちゃいますね・・・。

 

でも、当人たちは泣いていられません!!!

さやかさんは、主人公:桐野利秋が敬愛する西郷隆盛です!!

きっと、熱い芝居を見せてくれるんだろうなぁ。

 

主な配役も全部発表されました。

わかりにくかったので、薩摩方、会津方、東京方(政府)に分けてみたいと思います。

 

 

《薩摩藩士たち》

桐野利秋→通称:中村半次郎(北翔海莉)

衣波隼太郎→利秋の親友(紅ゆずる)

 

大久保利通→通称:一蔵。内務卿(夏美よう)

西郷隆盛→通称:吉之介。近衛都督 陸軍大将(美城れん)

大山巌→通称:弥助。西郷の従兄弟。陸軍将校(十碧れいや)

 

川路利良→大警視(七海ひろき)

高木兼寛→海軍軍医(如月蓮)

篠原国幹→陸軍少将(天寿光希)

村田新八→政府高官(夏樹れい)

別府晋介→陸軍少佐(瀬央ゆりあ)

中原尚雄→警視隊の密偵(音咲いつき)

辺見十郎太→陸軍大尉(紫藤りゅう)

 

池上四朗→藩士(漣レイラ)

野村忍介→藩士(ひろ香祐)

桂久武→藩士(桃堂純)

別府九郎→藩士。別府晋介の兄(彩葉玲央)

 

須田良治→衣波隼太郎の部下(綾凰華)

 

《藩士たちの家族》

中村スガ→桐野利秋の母(夢妃杏瑠)

中村半左衛門→桐野利秋の弟(拓斗れい)

中村貞→桐野利秋の妹(華鳥礼良)

 

衣波タカ→衣波隼太郎の姉(音波みのり)

泰三→タカの夫(瀬稀ゆりと)

幸太郎→泰三とタカの息子(天彩峰里)

 

別府ユキ→別府晋介と別府九郎の母(白妙なつ)

竹下ヒサ→薩摩藩の郷の娘(綺咲愛里)

竹下チカ→竹下ヒサの母(紫月音寧)

西郷小兵衛→西郷隆盛の末弟(天路そら)

 

三郎→鹿児島の少年(美都くらら)

太郎→孤児(小桜ほのか)

 

 

《会津》

大谷吹優→会津藩の武家娘(妃海風)

大谷隆俊→大谷吹優の父(美稀千種)

 

松平容保→会津藩主(天華えま)

愛奈姫→会津藩の姫(真彩希帆)

 

八木永輝→会津藩士(礼真琴)

 

 

《東京新政府?》

岩倉具視→右大臣(美稀千種)

山縣有朋→陸軍卿(壱城あずさ)

田中文五郎→山縣有朋の副官(朝水りょう)

大給恒→元幕臣。政府高官(大輝真琴)

大給夫人→大給恒の妻(万里柚美)

 

犬養毅→通称:仙次郎。郵便報知新聞記者(麻央侑希)

 

三上卓→「昭和維新」を謳う海軍士官(綾凰華)

 

《東京の街娼》

空乃みゆ 、紫りら、澪乃桜季

 

《医師団?》

ウィリアム・ウィリス→イギリス人医師(輝咲玲央)

三村加代→博愛社看護隊部隊長(愛水せれ奈)

 

 

ちょっとどこに入れたらいいのか謎な人もいるんですけど、

ザッと分けるとこんな感じでしょうか?

人数的には、薩摩藩の人が多いので、薩摩での芝居がおおくなるのかな?

そして、"通称"がついている人は一体なんなのか?

幼い頃から仲が良かったとか、同じグループなのかしらね?

でも、まおくんだけは"薩摩藩士"ではないと思うんだけど。

 

戊辰戦争も少し描かれると思うんですけど(そこで風ちゃんと出会うんだろうし)、メインどころはまこっちゃんしか会津藩士にはいないんですね〜。

きほちゃんのお父さんがえまちゃんとか、なんか笑えるw

松平容保は新選組について調べると必ず名前の出る人なので、なじみはありますね。

 

幕末の歴史は、新選組方面は好きで結構調べたんですけど、

維新側には疎くて、人物像とかも全然わかっていないので調べてみたいと思います。

なので、現段階ではどの人が重要人物なのかわかりませ〜ん。

 

サイトー先生らしく、主な配役の人数が多いから楽しみだな!

やっぱり役があるとモチベーション上がるでしょう♪

私もテンション上げて、のぞみたいと思います!!

web拍手 by FC2

| 宝塚歌劇団(その他の話題) | 12:50 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK



blogram投票ボタン
フィードメーター - 多趣味が趣味♪



syumi
楽天バナー
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
レンタルサーバーに独自ドメイン
SEARCH THIS SITE.
OTHERS