PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
BlogPeople
あわせて読みたい


07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
タグふれんず

多趣味が趣味♪

読んだり☆観たり☆感じたり☆
恩田陸『EPITAPH東京』
恩田陸『EPITAPH(エピタフ)東京』
朝日新聞出版 2015年3月30日発行

東日本大震災から東京五輪へ。変貌していく東京。この街を舞台にした戯曲「エピタフ東京」を書きあぐねている'筆者'は、ある日、自らを吸血鬼だと名乗る謎の人物・吉屋と出会う。吉屋は、「東京の秘密を探るための鍵は、死者です」と筆者に囁きかけるのだが。
 

導入は面白いんだよ〜〜〜〜。
でも、結局なんだったんだろう・・・。

毎回同じ感想書いてるんだけど、
結局私は恩田陸の文章が好きなんだよな・・・。

登場人物が実際に存在してる気がするくらい、
文章が生きているんだと思うんですよ。
だからつい読んじゃうの。

主人公は"筆者"ではなく、あくまで"移り行く東京"なんだろうな。
それゆえに「ずっと記憶をとどめながら転生している」と語る自称吸血鬼の吉屋が出てきたり・・・。
脚本のつづきも気になるんですけど。だって面白そうなんだもん!

この文章力で、たまにはスカッと幕が閉じる恩田作品も読みたいですけどね!

オススメ度『EPITAPH東京』★★★☆☆

web拍手 by FC2

| 小説・エッセイ(恩田陸) | 21:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
恩田陸『夜の底は柔らかな幻』

恩田陸『夜の底は柔らかな幻』(上下巻)
文藝春秋 2013年1月15発行 

特殊能力を持つ“在色者”たちが、“途鎖国”の山深くに集まる“闇月”。殺戮の風が、次第に暴れ始めるー。殺人者たちの宴が、幕を開ける。
(「BOOK」データベースより)


日本のどこかにある、“途鎖国”には、特殊能力を持つ“イロ”と呼ばれる人たちが多く生まれる…。

説明がほとんどなくて、どんどん話が進んでいきます。
“イロ”ってなに!?
“ヌキ”ってなに!?
“ウラ”“ソク”ってなに!?
“闇月”ってなに!?
って具合です。

最後までどうなるのか全然わからなくて、
むしろ、あとこれしかページがありません!!
恩田先生、いつものアレで終わるのですか!?
と不安になった…。
そして、期待(?)は裏切られず、唐突に終わる!!
伏線が回収されきっていないと思うのですが〜〜〜〜〜!という読者の叫びは聞こえてるのか、聞こえていないのか。

いつも同じ文句言ってるくせに、なんで読んじゃうんだろう。
時々、特大ホームラン的に超面白いものを生み出してくれるからだろうか。
他の誰にも考えつかないような導入がくせになるのかもしれない。

オススメ度『夜の底は柔らかな幻』★★★☆☆

web拍手 by FC2

| 小説・エッセイ(恩田陸) | 21:31 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
恩田陸『夢違』

恩田陸『夢違(ゆめちがい)』
角川書店 2011年11月15日発行

夢を映像として記録し、デジタル化した「夢札」。夢を解析する「夢判断」を職業とする浩章は、亡くなったはずの女の影に悩まされていた。予知夢を見る女、結衣子。俺は幽霊を視ているのだろうか?そんな折、浩章のもとに奇妙な依頼が舞い込む。各地の小学校で頻発する集団白昼夢。狂乱に陥った子供たちの「夢札」を視た浩章は、そこにある符合を見出す。悪夢を変えることはできるのか。夢の源を追い、奈良・吉野に向かった浩章を待っていたものはー。人は何処まで“視る”ことができるのか?物語の地平を変える、恩田陸の新境地。(「BOOK」データベースより)

謎がどんどんどんどん膨らんでいくときの面白さが健在。
って、いつも恩田作品を読むとおんなじようなこと書いてるな

睡眠時の夢を映像化出来る「夢札」という発想がまず面白いですよね。
さらに各地の小学校で起こったパニック現象、そして神隠し。
死んだと思われていた予知夢を見る女・結衣子は本当は生きているのか?

最後までドキドキして・・・・・・・・これってどういうことなのーーーーー!?
って、これもいつも言っている気がする

大筋はミステリーなんだけど、本当はラブロマンスなのかもしれませんね。
そんな感想をもちました。

オススメ度『夢違』★★★☆☆

web拍手 by FC2

| 小説・エッセイ(恩田陸) | 20:38 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
恩田陸『ユージニア』

恩田陸『ユージニア』
角川文庫 平成20年8月25日発行

地元の名士・青澤家のお祝いの席で、17人もの人間が死亡した毒殺事件。
現場には“ユージニア”にあてた謎の手紙が残されていた。
そして数か月後、青澤家とは全く無関係に見える若者が事件を起こしたのは自分だという遺書を残して自殺した。
事件から10年後、当時小学生だった雑賀満喜子は卒論として事件の関係者たちに話を聞いて回り、結局『忘れられた祝祭』という小説を出版する。
新たな真実はみつかるのだろうか・・・?


うわーーー頭の中大混乱!でも面白い!!
と、思いながら読みました。

そして、読み終わった後も、うわーーーー結局どゆこと!?

恩田さんの小説なので、まぁいつものことですけど(笑)

『忘れられた祝祭』が出版されてから、さらに年月が経過した頃、
別の人物がその本に関わった人の話を聞きに現れる。

『忘れられた祝祭』としての小説と、関係者へのインタビューが代わる代わる出てきては話が展開していきます。
インタビューなので、その人の主観が入った話をするわけで。
何が真実なのか、真実なんて存在しないのか…。

不思議な読み口にドキドキしたい方にオススメ!

オススメ度『ユージニア』★★★★☆

web拍手 by FC2

| 小説・エッセイ(恩田陸) | 16:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
恩田陸『土曜日は灰色の馬』

タイトルにシビれました。
恩田さんの言葉遊びっぽさに惹かれるんだよなぁ。

図書館の新刊コーナーに置いてあって、「あ、新刊!」と手に取って。
でも、てっきりミステリなのかな!?と思って借りてきたらエッセイでしたけど

基本、小説と漫画と映画の解説みたいな感じです。
私、「うーこの小説もう読めない…」と思っても解説だけは読んじゃったりする人なので。
解説読むの好きなんですよね。

そんなわけで、私はこの本を読んで突如三島由紀夫を読みたくなりました!

くどすぎる美しき文章。

いいじゃないか。心くすぐられるわ!
まあ、結果「うーこの小説やっぱ読めない…」となるかもしれんけど。

あと、『藪の中』という超有名小説ですが、読んだことない。
これも読んでみよ。

昔の小説(くくりでいうと近代小説だけど)って、
実は超短編だったりするのが驚きです。
前に『舞姫』読んだ時も、「短っ!」と驚いたもん。

さぁて、また図書館行きたくなってきた!

オススメ度『土曜日は灰色の馬』★★★☆☆

web拍手 by FC2

| 小説・エッセイ(恩田陸) | 20:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
恩田陸『ブラザー・サン シスター・ムーン』
恩田陸『ブラザー・サン シスター・ムーン』
河出書房新社 2009年1月30日発行

ねえ、覚えてる?空から蛇が落ちてきたあの夏の日のことを―本と映画と音楽…それさえあれば幸せだった奇蹟のような時間。青春小説の新たなスタンダードナンバー誕生。(「BOOK」データベースより)

ブラザー・サン シスター・ムーン
ブラザー・サン シスター・ムーン
恩田 陸

本書が3部に分かれている、ということも理解せぬまま読み出したため、
第1部が終わったところで、「え?この話はどこにむかうの?」と戸惑いました。
山もなければ谷もない。
強いて言えば、波のない湖面のような。

でも、活字中毒の女の一人語りの第1部が一番面白かったです。
学生時代を振り返りながらつづる随筆。
全く物語にはなっていないんですよ。
蘇ってきた思い出をポツリポツリと書いていく感じで。
それが、その子の人となりを表していて面白い。

最後はやっぱりどこに向かうのか?という終わりでしたけど、
子供から大人になっていく過程を垣間見たかのような小説でした。

オススメ度『ブラザー・サン シスター・ムーン』★★★☆☆

web拍手 by FC2

| 小説・エッセイ(恩田陸) | 10:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
恩田陸『私の家では何も起こらない』
恩田陸『私の家では何も起こらない』
メディアファクトリー 幽BOOKS 2010年1月8日発行

小さな丘の上にある古い家。
“幽霊屋敷”と名高いその家には女性作家が一人で住んでいる・・・。


私の家では何も起こらない (幽BOOKS)
私の家では何も起こらない (幽BOOKS)
恩田 陸

「私の家では何も起こらない」わけがない!
忌まわしき事件に付きまとわれた古い家の過去を遡る物語。

アップルパイの焼ける台所で殺しあった姉妹。
子供たちのビン詰めを作る料理女・・・。

どれも怖いのに、
ぼんやりとした輪郭に覆われたような不思議な雰囲気。
それぞれの短編が一人称で書かれていて、
まるでどうということもない思い出を語るかのような口ぶりなんです。
けれど、端々ににじむ凄惨な事実・・・!

装丁も奇麗だし、コレは当たりの一冊でした!

今年の初めに図書館に予約して、ようやく順番が回ってきました。
恩田さん、人気のようです。

オススメ度『私の家では何も起こらない』★★★★☆

web拍手 by FC2

| 小説・エッセイ(恩田陸) | 14:23 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
恩田陸『六番目の小夜子』
恩田陸『六番目の小夜子』
新潮文庫 平成13年2月1日発行

津村沙世子―とある地方の高校にやってきた、美しく謎めいた転校生。高校には十数年間にわたり、奇妙なゲームが受け継がれていた。三年に一度、サヨコと呼ばれる生徒が、見えざる手によって選ばれるのだ。そして今年は、「六番目のサヨコ」が誕生する年だった。学園生活、友情、恋愛。やがては失われる青春の輝きを美しい水晶に封じ込め、漆黒の恐怖で包みこんだ、伝説のデビュー作。(「BOOK」データベースより)

六番目の小夜子 (新潮文庫)
六番目の小夜子 (新潮文庫)
恩田 陸

ホラーなのかなと思って、ずっと手を出さなかった恩田陸のデビュー作なんですが、「どっちかというとサスペンス」と友達に言われて、読んでみることにしました。

で、最初の感想は、
プロローグが一番面白いのは、やっぱり昔からだったんだなー。

だんだん謎が解けてくると、どうしても尻すぼみになっている感じはありますね。
でも、恩田陸のたくさんある引き出しの色んなモノが、
(ぐちゃーっと)つまっているような作品です。
青春モノであったり、謎解きであったり。
“訪問者”という言葉が連呼されていて、わりと最近出版された『訪問者』を思い出したり。
恩田ファンなら原点を読むのも楽しいです。

オススメ度『六番目の小夜子』★★★☆☆

web拍手 by FC2

| 小説・エッセイ(恩田陸) | 15:04 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
恩田陸『きのうの世界』
恩田陸『きのうの世界』
講談社 2008年9月4日発行

塔と水路がある町のはずれ、「水無月橋」で見つかった死体。一年前に失踪したはずの男は、なぜここで殺されたのか?誰も予想できない結末が待っている!!恩田陸が紡ぐ、静かで驚きに満ちた世界。(「BOOK」データベースより)

きのうの世界
きのうの世界
恩田 陸

恩田陸好きなんですけど、
まれに途中まですごく面白くて、途中からすごくガッカリすることがあります。
読み始めの感触とガクッとズレてしまうんですよねー。

外堀から埋めるように話が展開していって、
しかも時々“あなた”と呼びかけられて、
あたかも自分が水無月橋の殺人事件について調べているような錯覚さえ覚えていたとき、突然その登場人物の名前が出てきて普通の三人称になっちゃうと・・・(涙)

決着はしっかりついている(だいぶファンタジーですが)恩田さんにしては珍しい本なんですけど、その結末もなぁ・・・。
始まりの面白さをもっと別の方に向けてくれれば、
超面白い本になったと思うんですけど。

主人公を“あなた”にするか、町の塔と水路にするか、失踪した男市川吾郎にするか、結局決めかねてこんな風になっちゃったのかなぁ?って気がします。

オススメ度『きのうの世界』★★★☆☆

web拍手 by FC2

| 小説・エッセイ(恩田陸) | 12:02 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
恩田陸『いのちのパレード』
恩田陸『いのちのパレード』
実業之日本社 2007年12月25日発行

恩田ワールドの原点<異色作家短編集>への熱きオマージュ。ホラー、SF、ミステリ、ファンタジー……クレイジーで壮大なイマジネーションが跋扈する、幻惑的で摩訶不思議な作品集。 (内容紹介より)

いのちのパレード
いのちのパレード
恩田 陸

さして厚くもない本に、15編もの毛色の違う短編が入っていました。
どれもピリッとスパイスが効いていて、ひとひねりある感じ。

“寝る前に一話だけ読む”というスタンスに非常に合う本で、
逆になんとなーく読み終わるのにすごく時間がかかってしまったんですが、
なにも最初から読まなくても、興味のあるタイトルから読み始めても面白そうだな、と思いました。

オススメ度『いのちのパレード』★★★☆☆

web拍手 by FC2

| 小説・エッセイ(恩田陸) | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK



blogram投票ボタン
フィードメーター - 多趣味が趣味♪



syumi
楽天バナー
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
レンタルサーバーに独自ドメイン
SEARCH THIS SITE.
OTHERS