PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
BlogPeople
あわせて読みたい


07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
タグふれんず

多趣味が趣味♪

読んだり☆観たり☆感じたり☆
アイスショー『プリンスアイスワールド2010』
東伏見のダイドードリンコアイスアリーナで開催されたアイスショー。
初めて観に行ってきました!

プリンスアイスワールドチーム+荒川静香、本田武志、太田由希奈、村主千香、フィオナ・ザルドゥア&ドミトリー・スハノフ、小塚崇彦、織田信成、村上佳菜子、エフゲニー・プルシェンコ、の豪華キャスト。

もちろん一番のお目当ては、小塚ですよー。
でも新しいエキシビジョンナンバーで、超ドキドキしながら見たら、
あんまり覚えてないー(爆)

オレンジ色の衣装だったかなぁ。で、チェックの帽子。
最初被って出てきて、ジャンプするからリンクの真ん中に置いて飛んで、
1回目とちったけど2回目は成功した、と思う。
帽子の周りを滑ったりして。
途中暗転して、「もう終わり!?短い!!」と思ったら、
すぐにノリの良いナンバーがかかりました。
最後、幕に引っ込んでいくときの帽子の扱い&笑顔が可愛かったよーラブ

もっと平常心で見たら覚えてるんだろうケド、
わりと早くに出てきたもんで、心の準備がまだ・・・。

一番の盛り上がりは、プルシェンコ登場でしょうけどね!!
登場しただけで会場がすごい盛り上がり。
エキサイティングシートの中央に座ったコアなファンなんだろうなぁという(歓声もとい奇声の上げ方が違う!)方々以外も一緒になって大騒ぎ。
私もそこまでファンじゃないくせにやっぱり大騒ぎでした。
だって、存在感が全然違うんだもんー。
そして、魅せ方が上手いんだよねぇ。
プログラム構成もいいんだよね。
前期のエキシビジョンなんだけど、
リンクをぐるっと取り囲むお客さんに対して、
みんなにそれぞれオイシイアピールポイントがあって、
「私の近くに来た!」というテンションにお客さんみんながなれるって感じ。

身体も大きくて、ダイナミックなジャンプでした!!

村上佳菜子も良かったな。
映画『NINE』の曲にのせた妖艶な舞いでした。
まだ高1の彼女ですが、
たとえ一番前の席で見たとしても逆の端っこに行ってしまえば豆粒ですもの。
大人っぽいナンバーを踊りこなしているように思いました。
来期のエキシビジョンでまた見られるのかな?と思うので楽しみ。

トリは荒川静香でした。
イナバウワーを見られなくちゃ帰らない!とお客は思っていると思う(笑)
柔らかな背中のラインのイナバウワーを見せてくれました。
フラメンコチックなダンスでしたよ。
衣装も赤と黒。
現役時代よりだいぶ痩せていましたが、おキレイでした。

八木沼純子を筆頭にしたアイスワールドチームの方々も頑張っていました。
なかなかソリストにはなれないんでしょうが、
コアファンの中には激しく応援されている方もいるようで、
ちゃんと黄色い歓声が。
若い男のスケーターさんもいるんですね。
しかも遠めに見ると、小塚に似ている人がいて、
私は何度も小塚が混じって滑ってるんじゃないかとドキっとしましたたらーっ

いっぱいで滑っているのが見たいって人にはとってもオススメなアイスショーですね。
逆に「目当てはこの人だけ!」となると、
ゲストは1回ずつしか出てこないのでちょっと寂しいかな。

そして、なんといっても驚いたのは、
フィナーレが終わった後の花束渡しと撮影会
リンクを端からぐるっと回ってくれるんですよ。
なぜカメラ持ってこなかったんだ〜〜〜〜と後悔しても遅い・・・。
望遠があればとってもキレイに撮れるだろうし、
単なるコンデジだってがんばって前に行けばちゃんと撮影可能。
今思い出しても悔しい・・・!

次の機会はぜひ・・・!!と決意を新たにしました。

そんなわけでまた行きたいな!
そして平常心で小塚をちゃんと見るぞ!!

【ブログ内関連記事】
 ・アイスショーへ♪♪

web拍手 by FC2

| スポーツ観戦(フィギュアスケート) | 21:34 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
アイスショーへ♪♪
今月、東伏見のダイドードリンコアイスアリーナで開催されるプリンスアイスワールド、行くことにしました!

だって、小塚崇彦が出るんだよー!!!
しかも、モニターチケットってのに申し込んだから安い!

アイスショー行ってみたいけど、料金高い・・・ってのがネックで。
それでも9500円だったけど、3500円引き+公式プログラム付だもの。
一応SS席だけど、ほとんどがSS席状態だから一体どこがくるのか当日まで全く不明だけどね。(劇場でいうと、どこのS席なんだ!?というドキドキ感)

他にも、プルシェンコ、織田、村上佳奈子もゲスト出演。
キャスト側には荒川静香や本田もいるし。
楽しみだー♪

先週の日曜日、『逃走者』って番組にフィギュアチームで、
浅田姉妹&小塚&本田が出てたそうですね。
見たかったよー。
動画で探したけど、まだ予告編しかアップされてなかった。残念。

でも、他の動画いろいろ見ちゃった♪
小塚の始球式とか→こちら

フォークボールが成功した後の笑顔が、超かわいいッスラブ

しかし、みんなのコメントも基本「かわいい」に終始するところがウケる。
「こんな息子がほしい」とか(笑)
フランスの放送版も流れてたんだけど、「この選手は12歳?」とか言われる始末だし。
日本人の中でも童顔だけどねぇ。


こんな本も見つけましたdown
3人それぞれのロングインタビュー&写真収録でなかなか面白い。



【ブログ内関連記事】小塚崇彦関連
 ・小塚エキシビジョンで!!!
 ・小塚崇彦のエキシビジョン。
 ・『フィギュアスケートGP2009NHK杯』
 ・フィギュアスケート、オリンピックイヤー始まる!
 ・『GPファイナル2008』
 ・『フィギュアスケートGPシリーズ2008 アメリカ大会』
 ・『全日本フィギュア2007』
 ・『フィギュアスケートGPシリーズ2006 NHK杯男子シングル』

web拍手 by FC2

| スポーツ観戦(フィギュアスケート) | 16:06 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
2009-2010フィギュアスケート総記
来季へむけて、今季後半の覚書を書いておこうと思います。
だって脳みそウニだから忘れてしまう・・・。

バンクーバー五輪結果
《女子シングル》
1位 キム・ヨナ(韓国)228,56点
2位 浅田真央(中京大)205,50点
3位 ジョアニー・ロシェット(カナダ)202,64点

5位 安藤美姫(トヨタ自動車)188,86点
8位 鈴木明子(邦和スポーツランド)181,44点

《男子シングル》
1位 エバン・ライサチェク(米国)257,67点
2位 プルシェンコ(ロシア)256,36点
3位 高橋大輔(関大大学院)247,23点

7位 織田信成(関大)238,54点
8位 小塚崇彦(トヨタ自動車)231,19点

《女子感想》
2大会つづけて、1番の優勝候補が金メダルを逃していたんですが、
絶対視されていたキム・ヨナが見事に優勝したオリンピックでした。
あまりの点数差に唖然。
点数配分を見直すかも・・・というようなニュースも流れたように思います。
あれだけのプレッシャーを跳ね除けた彼女はスゴイ。

トリプルアクセルをSPとフリー合わせて3回跳んだ浅田真央はギネス認定。
フリーが微妙なプログラム・・・と思っていたけど、
鬼気迫った演技にさすがに感動した。
彼女の明るさに合わせたプログラムならば、
もっと点数が伸びたのではないだろうかという気持ちがまだあるけれど。
扇子を使ったエキシビジョンが今季のプログラムでは一番好き!

大会数日前に母が休止したジョアニー・ロシェット。
その報道には驚きました。
でも、いつもの力強い演技で3位を奪取。
去年から浅田とキム・ヨナの間に割り込み続けた底力を発揮。

どうしようもなかった4年前のオリンピックから抜け出した安藤。
ジャンプの安藤ではなく、表現力の安藤へ。
見事な転身でした。

鈴木明子の演技には誰もが拍手を贈ったのではないでしょうか?
会場が一体となった最後のストレートラインステップ。
どうしてもメダルの行方を追ってしまいがちだけれど、
はじける笑顔が滑ることへの根本的な喜びを表していたと思います。

4位に入った長洲未来にはびっくりしました。
最後の伏兵って感じで、最終滑走の『カルメン』、すごく印象的。
妖艶さからは程遠いけれど、可愛らしく等身大のカルメン。
ただ身体の柔らかい小さい子って印象だったのが、
今季は成長して女性らしくなり、魅せる滑りになったな〜って。


《男子感想》
ライザチェックは4回転を跳ばずにオリンピック王座をもぎ取りました。
賛否両論あろうけれども、2位のプルシェンコより質のいいジャンプで点数を加算したという感じがしました。

皇帝プルシェンコの復活は、絶対このオリンピックイヤーを面白くさせたことは間違いないと思う。
彼の演技は今回「う〜〜ん?」っと思う危ないところも多くて、
私はライザチェックが勝ったことに異論はないんですけれど、
ダイナミックにジャンプする姿は圧巻。
そして、存在感満点のオーラ!

銅メダルを獲得した高橋。
最初のポーズで手がプルプルと小刻みに震えているのを見て、
「大丈夫か!?」と思いましたが、見事な滑りでしたよー。
現役続行宣言も出たようだし、これからも顔(表情)で滑ってくれ!

靴ヒモが切れるというハプニングには驚きました。
織田信成は何かと不思議な話題にのぼるものだ。
そんな不運もあったけれど、7位は立派。
本人はもっと上を目指していたのだから、全然満足は行かないだろうけど。
チャップリンのナンバー、今まで見たどの演目よりも合っていたと思う。
ちょっとひょうきんな、でも哀愁も混じる曲がよく表現されていた。

8位には小塚。
4回転ジャンプ、初の着氷おめでとー!(でも両足?)

男女とも、3人の代表が全員8位入賞という快挙でしたね!


その約1ヶ月半後に行われた世界選手権。
「絶対金メダルを取る!!」と意気込んだ両人が見事メダルを手中に収めました。
浅田真央&高橋大輔のアベック優勝。

長洲のSPの素晴らしい出来と、フリーの陥落ぶりも記憶に残りました・・・。
そして、全くやる気なさげなキム・ヨナ。(でも銀メダル・爆)
引退説流れまくりですけど、どうするのでしょうか?

以上、ざっとですが振り返ってみました。
録画してあった『スターズ・オン・アイス』もさっき見終わった。
バトルかっちょいい〜〜〜〜〜ハート白い歯がまぶしいてれちゃう

フィギュアはスポーツだけど芸術で、
ミーハー観戦もできるし真面目にも見れるし、面白い。
ジュニアからの新たな台等からも目が離せません。

web拍手 by FC2

| スポーツ観戦(フィギュアスケート) | 22:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
小塚エキシビジョンで!!!
ハプニングとはいえ、

小塚が脱いだ〜〜〜〜〜〜〜ラブラブラブラブ

前から「脱げ!!」って言ってたんだけど、
絶対こっちのが盛り上がるって。
何気に細マッチョだしぃラブラブ

オリンピック結果すら全然アップしてなかったんですが、
ネットでこんな映像を見せられたら反応せずにはいられない〜〜〜イヒヒ
(オリンピック・世界選手権共に全試合見てたんですけどね)

上着が絡まって困っている姿もカワイイわ〜(笑)
小塚を前にすると、すっかりオバチャン化してしまう・・・。
だって今日のフレパで「平成生まれ」って連呼するんだもん。
ひ〜〜〜平成生まれ!?って感じですよ、もう。
でも、もう21歳になったんだねぇ。
記事読み返したら、ブログ初登場は17歳だった・・・!

ジャッケト脱ぎ捨てた後のジャンプの切れがまた素晴らしい!
何の大会のエキシビジョンなんだろ?→こちら

来期の活躍にも期待しちゃうよ!!!

【ブログ内関連記事】小塚崇彦関連
 ・小塚崇彦のエキシビジョン。
 ・『フィギュアスケートGP2009NHK杯』
 ・フィギュアスケート、オリンピックイヤー始まる!
 ・『GPファイナル2008』
 ・『フィギュアスケートGPシリーズ2008 アメリカ大会』
 ・『全日本フィギュア2007』
 ・『フィギュアスケートGPシリーズ2006 NHK杯男子シングル』

web拍手 by FC2

| スポーツ観戦(フィギュアスケート) | 20:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
バンクーバー五輪『フィギュア男子シングルSP』
日本勢、なかなかの好発進じゃないですか〜〜〜♪

高橋大輔は上位2人と超僅差の3位。
織田信成が4位、小塚崇彦が8位。

順位もそうだけど、己の力がちゃんと出せたショートプログラムだったんじゃないでしょうか。
選手の笑顔がまぶしいと嬉しくなっちゃいますねー!

ただ明暗を分けた選手もチラホラ。
特にブライアン・ジュベールはどうしたの〜〜〜〜(涙)
金メダル候補だっつぅのに、1位との差が約22点。
これはキビシイ・・・!

1位のプルシェンコは貫禄の滑りでしたね。
2位にはエバン・ライザチェック。

私的にうれしいのはランビエールの復帰。
ジャンプではミスがあったけど、
表現力とスピンの素晴らしさは他の追随を許しません!!
フリーの猛追に期待。

さあ、決戦は明日!!

web拍手 by FC2

| スポーツ観戦(フィギュアスケート) | 23:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
バンクーバー五輪出場者決定!
フィギュアスケート全日本選手権が終わり、
オリンピック出場者発表されましたね!

《男子シングル》高橋大輔・織田信成・小塚崇彦
《女子シングル》浅田真央・鈴木明子・安藤美姫


テレビの前で固唾を呑んで観戦。
中野選手と鈴木選手の接戦ぶりがすごくて、
審査員じゃないのに「どっちをオリンピックに行かせたらいいの・・・?」と悩んじゃいました・・・。
改心の出来!と思ってもなかなか点数の伸びなかった中野選手が高得点をマークしたときは拍手喝さいだったんですけどねぇ・・・。

2人共、力を出し切ったという演技で素晴らしかった。
さすがオリンピックイヤー。
4年前のトリノ直前の全日本を彷彿とさせる白熱した戦いでした。

応援するファンやチームメイトやコーチの気持ちと一緒に、
オリンピックに向けて懸命に努力してきた、
それでも出場が叶わなかった選手たちの想いも共にバンクーバーへ持っていってもらいたいです。  

web拍手 by FC2

| スポーツ観戦(フィギュアスケート) | 22:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
『フィギュアスケートGP2009ファイナル』
まずはオリンピック内定を決めた、
織田信成選手&安藤美姫選手、おめでとう!

でも、この大会で一番会心の演技だったのは、
女子シングルで3位に入った鈴木明子選手だったんじゃないでしょうか。
中国大会のときの衣装とは変わって、赤いノースリーブの衣装になってましたが、それも可愛く元気ハツラツと滑っていました。
相変わらず、目力もスゴイワッ!

キム・ヨナのいつものすっ飛んでくるような幅のあるジャンプがイマヒトツで、
ジャンプの不調のせいか演技面でも精彩を欠き、
安藤もキッチリと要素をこなしつつも、
最後のストレートラインステップでは疲労が見えてしまい、
勢いが足りなかったな、と。

もちろん色んな面で2人が鈴木選手を上回って、上位にいるんですけどね。


男子シングルでは、エバン・ライザチェックが優勝。
織田が2位、3位がウィアーの順。
復帰の高橋大輔は、SPは素晴らしい出来だったんですが、
フリーのジャンプが決まらず5位。


オリンピックイヤーということで、
ピークをどこに持っていく・・・とか、各選手の調整も大変そう。
日本の選考会は、あとは全日本選手権ですよね。
男子のあと2枠の行方はもうほとんどわかっているけど、
女子の残り2枠は熾烈ですよね・・・。
全日本の結果の他に、今までの試合結果も加味するってことでしたし、
どうなるんだかわからんですよ。

web拍手 by FC2

| スポーツ観戦(フィギュアスケート) | 22:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
小塚崇彦のエキシビジョン。
ヒップホップ系と言っていたけど、
あんまり下でリズムを取っている感じはしませんでした。
曲名は“クローサー”。

でもアップテンポのノリの良い曲で見ていて楽しい!
キレのいいダンスだし、がんばってお客さんを煽っていましたよ。

DJがディスク(?)を回すような振りもあって面白い。

でも最後の方、リバーシブルになっているという上着をひっくり返すんですけど、あれ全然変わったことがわかりませんからー。
良く見ると青が紫になっているんだけど、
むしろ上着を脱ぎすてて、タンクトップで滑っていただいた方が盛り上がりますから!!!

ジュベールのような立派な肉体美ではないですが、
爽やかだも〜〜〜ん(笑)
とりあえず、男女問わず上着を脱ぐと周りは喜ぶし盛り上がる!
そんなプログラム改正は如何ですか???

【ブログ内関連記事】今季フィギュアスケート関連
 ・『フィギュアスケートGP2009NHK杯』
 ・『フィギュアスケートGP2009中国大会』
 ・フィギュアスケート、オリンピックイヤー始まる!

web拍手 by FC2

| スポーツ観戦(フィギュアスケート) | 21:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
『フィギュアスケートGP2009NHK杯』
小塚の「ああ、もう!」、に萌え〜〜〜としたオバチャンですイヒヒ

若者が頑張る姿は美しいものですなぁ。
結果は7位と残念なものでしたが、まだまだこれからデスヨ!!

世界に誇るナルシー男、高橋大輔も復帰。
相変わらず「顔で滑っている!!」と思いました!!
観客に対するアピールが上手いんだよなー。
SPの方が色っぽいプログラムで好きだったな。
ステップも盛り上がる感じだし。
復帰戦は4位でしたが、これから場慣れしてもっと良くなるのではないでしょうか。

男子の優勝は、ブライアン・ジュベール。
フランス大会は4位と散々だったけど、立て直してきました。
SPの4回転は素晴らしかったですね。
プルシェンコ復活に一番反応したのはこの人かも!?
4回転サイボーグの異名を取ったジュベールですもんねー。


女子は、安藤美姫がNHK杯初優勝を飾りました。
会心の出来からはかなり遠そうでしたけど、
ジャンプの失敗を他の部分で取り返せるようになったのは見事です。
(他の選手にも失敗が続出した、ってものありますけど)
ロシア大会に続き優勝し、ファイナル進出権を獲得ですね。
2度目のオリンピックイヤー、悔いのないような内容になるといいですね。

2位は、ロシア大会で注目が集まった元気印のアリーナ・レオノワ。
“シカゴ”の曲に乗せて元気一杯なプログラムを披露。
本人飛び上がるほどの内容で、フリーでは安藤をおさえてのトップ。
ロシア大会も3位だったし、たぶんファイナルに行けるんじゃないかな。
これからもっと伸びてきそうな選手です。

3位が、アシュレイ・ワグナー。
SPは安藤と僅差ながらも1位で折り返したんですが、逆に最終滑走が大変だったのか。
滑り出しはとても快調で、この人の優勝が決まったかとも思ったんですが、
後半ガタっと崩れてしまい3位に。

中野友加里は残念ながら4位。
ファイナルへの切符は手に入りませんでした。
フリーの“火の鳥”、勢いがあって良い感じだったんですが、
最後のジャンプのミスで表彰台を逃した・・・かなと。
ポイントの取りこぼしをいかに無くすか、が課題でしょうか。

グランプリシリーズもあと2戦!!

【ブログ内関連記事】今季フィギュアスケート関連
 ・『フィギュアスケートGP2009中国大会』
 ・フィギュアスケート、オリンピックイヤー始まる!

web拍手 by FC2

| スポーツ観戦(フィギュアスケート) | 22:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
『フィギュアスケートGP2009中国大会』
アベック優勝おめでとう!!

祝織田信成選手&鈴木明子選手祝

織田は、フランス大会に続いての優勝。
グランプリファイナルへの切符を一番乗りに掴みました。
本人は満足していないようだけど、
ジャンプのミスをのぞけば、演技の出来栄え的にはとてもよかったと思いました。

2位は昨シーズンの世界チャンピオン、エバン・ライザチェック。
堅実な滑りで2位をキープ。
でも、あんなに長身で手足長いのに、どうもダイナミックさに欠けると思ってしまうのは、メチャ細のせいだろうか・・・?

3位はロシアの22歳、セルゲイ・ボロノフ。
4回転ジャンプはキレイに決めたのに、
他のところでミスが目立ってしまったのが残念でした。
織田と同い歳らしいですね。
この人、名前は知らなかったんですが、顔を見て、
「トーマ・ベルナー!?と思い出しました。
2006年のNHK杯に出場していて、
超美少年がいるんですけどーと思ったんですよ(笑)(詳しくはこちら。)

女子シングルの結果は、
1位 鈴木明子(GP初優勝)
2位 キーラ・コルピ(フィンランド)
3位 ジョアニー・ロシェット(カナダ)

ミスが連発した中で、
鈴木がキレイにまとめ、且つ表現で魅せた、という感じでした。

フリーの演目は“ウェストサイト物語”。
白いシャツとオレンジ色のスカート、というコスチュームも似合っていました。
(荒川静香がデザインしたものらしいですね)
瑞々しい印象を受けながらも、華があるお衣装でした。
去年から思っていたのですが、
曲目や衣装、振り付けなどの選択がとってもいいですよね。
彼女の魅力を最大限に引き出しているように思います。
また見たいと思わせる演技です。

ロシェットのショート7位からの追い上げには驚きました。
というか、7位というのに驚きましたけど。
自国開催のオリンピックというのは、プレッシャーがハンパないのかなぁと思いますね。
でも、ファイナルに進む希望を残す3位に踏みとどまったのはさすが!

村主章枝はショート6位、総合7位。
オリンピックに出るためにはまず国内で勝たなければならない。
今の日本は本当に層が厚いから大変ですよね。
でも土壇場の底力はスゴイ・・・。
“スパルタクス”にのせて、大躍進を狙ってほしいです。

web拍手 by FC2

| スポーツ観戦(フィギュアスケート) | 14:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK



blogram投票ボタン
フィードメーター - 多趣味が趣味♪



syumi
楽天バナー
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
レンタルサーバーに独自ドメイン
SEARCH THIS SITE.
OTHERS