PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
BlogPeople
あわせて読みたい


07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
タグふれんず

多趣味が趣味♪

読んだり☆観たり☆感じたり☆
映画『茶々−天涯の貴妃』
『茶々−天涯の貴妃(おんな)』2007年
原作・・・井上靖(『淀どの日記』より)
監督・・・橋本一
《CAST》
和央ようか 寺島しのぶ 富田靖子 渡部篤郎 
原田美枝子 中村獅堂 高島礼子 余貴美子 メイサツキ 他


タカコさんのスクリーンデビューの話を聞いてから、
長かったような、短かったような・・・。
昨日公開になった『茶々』観てきました!


さてストーリーですが、この間原作『淀どの日記』を読んだ者としては、
こんなに違うなら原作なんていらないんじゃないの?
脚本家が歴史上の事実を組み合わせて好きにお話作ればいいんじゃないの?って感じでしたね。
別に小説と映画とどっちが出来がいい、とかいうわけではないんですけど。

茶々が小説より遥かに“いい人”になっていて、
それが印象的でした。
やっぱり映画は万人受けしなくちゃいけないしね。
・・・と世の中を斜めに見ちゃう私ですが、
素直にラストの辺りでは涙を誘われました(笑)

最初は浅野家が信長に滅ぼされるところ(茶々の回想)から始まるんですが、
子供時代の茶々役の子が、凛としていて眼力があるとことか、
タカコさんに似ていてそれがなかなか良かったです。

そして、少女時代から豊臣秀吉に嫁ぐ20代へ替わると、
ついにタカコ@茶々の登場です。
このときの青い着物姿がかわいかったなー。
その後着るオレンジ色の着物もかわいかったなー。
私としては、子供を生んだ後なんかに着ているゴージャスな着物より、
前半に着ている裾を引きずらないタイプの方が好きだなぁ。

初夜の事実も一応あるんですが、ラブシーンは一切なし
ファンに気を使ったのか・・・?と少々思わぬこともないですが。
隣りで寝てるんだけど、布団も衣服も全く乱れというものがなく、
見ていて若干笑いを誘われたのは私だけ・・・(爆)

甲冑姿で馬にまたがる茶々も勿論登場しました。
カッコよかったです〜〜〜♪

どうしても“茶々”というより“和央ようか”として見てしまう部分も多かったんですが、それは私がタカコさんのことを大好きだからなんでしょう。
一般のお客さんに喜んでもらえればいいなぁと思います。


【ブログ内関連記事】茶々関連
 ・映画『茶々−天涯の貴妃』原作読了。
 ・タカコさん「はなまるマーケット」に登場!
 ・蜘蛛女と茶々発見!
 ・茶々、小出し過ぎ。
 ・タカコさん女優&映画でびゅーーー。

web拍手 by FC2

| 和央ようか(茶々) | 22:13 | comments(2) | trackbacks(1) | - | - |
映画『茶々−天涯の貴妃』原作読了。
やぁっと読み終わりました〜〜〜長かった〜〜〜。
2週間くらい読んでました。
私、時代小説って読めないかも・・・。
そーいえば、司馬遼太郎の『燃えよ剣』も上巻しか読まなかったっけ。
だって、上巻の最後に沖田総司が死んじゃうから。
沖田ファンの私としては、そこで新選組の物語は終了したのでした。

そんなわけで、これはタカコさんが主演をしない限り、
絶対読み終わらなかっただろうと思います。
もちろん文が下手とかいうレベルではなく、
これは最早好みの問題なんでしょうね。
普段読んでいる小説と比べて、凹凸がないんだもん〜〜〜。
順序良く、茶々の人生を語ってくれて、
それはそれは波乱万丈なんですけど・・・なんでだろー?
ガッツリ物語にのめりこむことがなくて、それが残念でした。

でも、これで下準備はバッチリです!
茶々の人生は理解したわ!
これがどう料理されてくるのかが楽しみ〜。

・・・・と思って本を置いたんですが。
今、【茶々公式HP】を見てびっくり!(←見るのが遅い)

どんだけーーーー!(流行語使ってみました)
相当お話違います。
馬にまたがった若武者風茶々の写真は見ていたので、
「ああ、これは映画オリジナルなのね」なんて思っていたんですが・・・。

京極高次がいない〜〜〜何故〜〜〜!?
この人、小説では超重要人物なんですけど!
幼少から青年期にかけて茶々に想いを向け、
茶々も憎からず思うんだけど結局茶々の妹おはつと結婚。
その後、茶々は秀吉の側室に入る前夜、彼に自分のすべてを捧げようとする・・・!
全部カットする気かいな!監督!どーゆーこっちゃ!

そしてそして!ストーリー読んだら、全く違う!
特に寺島しのぶの演じる小督が全然違う!
こーゆー話になるのか・・・・スゲー驚き・・・・。

小説を読んだ私としては茶々が秀吉の側室に上がる前の方が面白かったんです、一筋縄ではいかない女って感じで。
側室にあがって子供を産んでからは、やっぱり一人の女なんだよね。
それが悪いわけじゃないけど面白味は半減かなぁと。
子供の秀頼と豊臣の威光を守ることに一生懸命になっちゃって、
その辺り普通に愚かな女で、ぶっちゃけ読んでて若干イライラ。

でも映画版はストーリーを読んだ限り、
母お市の方が死ぬ辺りから始まるみたいで。
茶々が側室に上がってからがメインのよう。
派手さでいえば、もちろん側室に上がってからの方が華やかだし、
よく知られた話なんでしょうね。
だからその辺りの話をアレンジしたんでしょうね・・・。
かなりいじってますよ、原作者怒らないのかしら・・・ってぐらい。
でも、こっちの方が面白そう(笑)

小説は図書館で借りたのでとても古い昭和53年に印刷された文庫で読んでいたんですが、新たにこんな本もリニューアルで出版されたんですね。
ポスターでもチラシでも使われていたこの写真、好きだな。

淀どの日記 新装版 (角川文庫 い 5-7)
淀どの日記 新装版 (角川文庫 い 5-7)
井上 靖


そして、今日12月10日に発売の『WAOH!和央ようかの贈り物』の予約をしてきました。
楽しみだ〜〜〜〜ラブ
でも、「入荷予定ではなかったので発売日より2,3日遅れます」だって。
無常なりふぅ〜ん

【ブログ内関連記事】茶々関連
 ・タカコさん「はなまるマーケット」に登場!
 ・蜘蛛女と茶々発見!
 ・茶々、小出し過ぎ。
 ・タカコさん女優&映画でびゅーーー。

web拍手 by FC2

| 和央ようか(茶々) | 20:43 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
タカコさん「はなまるマーケット」に登場!
昨日11月30日に出ました〜〜〜ラブ
全国ネットですよ!すごいすごい!

やはり“元宝塚トップスター”という頭書きで登場。
サヨナラ公演の千秋楽では1万人のファンを集めたという伝説も紹介されました。

髪の毛は8月のコンサートの時より若干伸びていたかな。
お衣装は、赤いタンクトップの上にこれまた赤い薄手のポンチョみたいなのを着て、グレーの超細身のパンツを着用。
そして、ヒールのパンプス。
もともとスタジオの誰より高いのに、5センチはあるヒールを履いているので周りの人と10センチ以上の差が・・・。
おっきい、おっき過ぎるぞ、タカコさんっっっ汗

おめざは、よく差し入れに貰ったという“バームクーヘン”。
有名なモノらしく、やっくんも知っていました。
薄く切ってあるバームクーヘンが2切れ入って1袋になっているようで、
「フォークで食べるのは初めてです」なんてコメントも。
そして、「カニとかりんごとかお米とか・・・」
季節を知るのはファンの方々の差し入れです、とのこと。

写真は4枚。
1枚目 「宝塚音楽学校の校章」
2枚目 「タカコさんが踊るテレビの前で踊る甥っ子ちーちゃん」
3枚目 「初めて買ったというスカート」
4枚目 「クリスマスグッズ」

高校時代(女子高)もとてもおモテになったというお話は有名ですよね。
バレンタインのチョコは3ケタにまでいったとか。わーおラブ

タカコさんは少々緊張気味に見えましたが、
コンサートの出待ちのときおしゃべりしてくれたタカコさんのまま。
好きだなぁ、そういうとこラブ
脚が開いて座ってしまうというのは相当気にしているらしく、
そのお話も出てきました。
「男役のくせ」ってことで紹介。
もう1つは、つい男の人を観察してしまう、ということ。
「気があると思われるかもしれませんよ、男ってそういう動物ですから」
                              byやっくん
きゃ〜タカコさん、気をつけて!(笑)

ハナちゃんのお話は残念ながら出ませんでしたが、
本屋さんで立ち読みした『週刊新潮』で“内助の功”として語られていて、
私的には満足な記事でした。
半ページの記事で、写真も『茶々』の白黒写真が1枚のみなのですが、
映画の前売り券が売れに売れている、和央ようかの人気はすごい。
その和央ようかを支えるのが、ゴールデンコンビと名高かった花總まりで、
彼女が相当数あっただろうオファーを蹴って、現在事務所の社長をやっている、というものでした。
そうなのー、ハナちゃんはタカコさんの一番のファンなのよっ♪
と、本屋で怪しいニヤニヤ笑いをしてしまいました。


【ブログ内関連記事】
 ・タカコさん「はなまるマーケット」出演ですって!

web拍手 by FC2

| 和央ようか(茶々) | 21:26 | comments(2) | trackbacks(2) | - | - |
タカコさん「はなまるマーケット」出演ですって!
危ない危ない(汗)
こんな大事なことを今知りました。
はな日記さんのとこに今日寄らなかったら、
滂沱の涙を流すことになってましたわ。

11月30日(金)はなまるマーケット内
         「はなまるカフェ」に和央ようか登場!


8:30からの番組なんですが、カフェは9:00前後からですね!
仕事だけど、もう録画予約はバッチリさ★

おめざとか、何出すのかな〜?
ハナちゃんのお話もちょっとは出たら嬉しいな〜。
ヅカ時代の写真とかも・・・うーん無理かな〜。

とりあえず『茶々』のCMが一番でしょうし。
ま、お茶目なタカコさんが見られればいいやねラッキー

web拍手 by FC2

| 和央ようか(茶々) | 20:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
茶々、小出し過ぎ。
もう映画本当に撮っているんですよね?
なのになんでキャストのひとつも表に出ないんじゃ〜〜〜〜!!!

公式サイト【茶々−天涯の貴妃】に久々にアクセスしてみたんですが、
前回までは、「coming soon」だったのが、
ちょびっと変わってました。

トレーラーってとこに一瞬タカコさんも映る。
「宝塚トップスター〈衝撃〉のスクリーンデビュー」だそうです。
音楽もカッコ良かったですけど。

あと二ヶ月ですよ?
舞台じゃなくて映画ですよ?

とりあえず私に出来ることは、
原作:井上靖の『淀どのの日記』を読むことくらいです。
図書館に借りに行ったらすでに貸し出し中。
くそぅ、予約してやる!
絶対今借りている人、タカコファンだと私は勝手に思っている。

あ、そして近くの本屋で『WAOH!和央ようかの夏 VOL.1』が置いてありました。
もちろん棚で一番目立つところにセッティングして帰ってきましたよチョキ

web拍手 by FC2

| 和央ようか(茶々) | 21:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
タカコさん女優&映画でびゅーーー。
びびびびびびび、びっくりしましたーーーー!!!!

タカコさん映画デビュー!しかも主演!しかも女優!!(これはあたり前と言えばあたり前?)

東映の『茶々─生涯の貴妃(おんな)』。
12月22日全国ロードショーだそうです。
なななななんじゃそりゃーーーー!?

詳しくは東映のHPプレスリリースで。

果たして・・・どんな映画になるんでしょう?
原作は、井上靖『淀どの日記』(角川文庫)だって。
これは読んでみないとね・・・。
タカコさん、これが正念場かもね。
既存のファンがどれほどついてくるか。
新たなファンをどれほど獲得するか。

お正月映画でさらにひと華咲かせるか・・・・。

web拍手 by FC2

| 和央ようか(茶々) | 20:45 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK



blogram投票ボタン
フィードメーター - 多趣味が趣味♪



syumi
楽天バナー
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
レンタルサーバーに独自ドメイン
SEARCH THIS SITE.
OTHERS