PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
BlogPeople
あわせて読みたい


09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
篠田節子『廃院のミカエル』

篠田節子『廃院のミカエル』
集英社 2010年11月30日発行

商社現地社員の美貴は、ギリシャで口にした蜂蜜にビジネスチャンスを見出し、通訳の綾子や偶然知り合った壁画修復士の吉園とともに産地の村を目指す。だが途中、廃院となった修道院に迷い込んでしまう。独居室の壁に描かれた大天使ミカエルの絵。無人の聖堂に響く祈りの声。逃げるように街に戻った後も次々と奇妙な事件が。綾子の異様なふるまい、相次ぐ村人の死、積み重なる家畜の死骸…。かつて、あの修道院で何が起こったのか。(「BOOK」データベースより)


題名だけで歴史小説なのかな〜と思って借りてきたら、普通の現代小説でした。
特に誰に共感するとかそういう感じはなかったですね。
結局どうなるのかが気になったもんで最後まで行き着きましたが。

何故、つつましい生活を送る山の中の修道院と近隣の村で次々と人が死んでいったのか。
その謎はドキドキするものなんですが、
もっと登場人物に魅力があれば、もっと面白くなったんじゃないかなとちょっと残念。

オススメ度『廃院のミカエル』★★★☆☆

web拍手 by FC2

| 小説・エッセイ(さ行の作家) | 13:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://j.pop.lolipop.jp/trackback/1055532
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK



blogram投票ボタン
フィードメーター - 多趣味が趣味♪



syumi
楽天バナー
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
レンタルサーバーに独自ドメイン
SEARCH THIS SITE.
OTHERS