PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
BlogPeople
あわせて読みたい


07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
桜庭一樹『伏 贋作・里見八犬伝』

桜庭一樹『伏 贋作・里見八犬伝』
文藝春秋 2010年11月30日発行

いにしえの因果はめぐり、江戸の世にーちっちゃな猟師の女の子の命を賭けた大捕物。
(「BOOK」データベースより)


桜庭一樹の本は暗い。
・・・という印象があったんですが、久しぶりに読んだ本作、
テーマに重みはありつつも、文体や登場人物に軽快さがあって、
するすると読み進めることが出来ました。
主人公が男勝りながらまだ14歳の女の子で、人の良さそうなお兄ちゃんが妹のために走る走る。
そんな情景が目に浮かぶようで、可愛らしいです。
それでも本は分厚くて結構重量があるんですけどね。

人と犬との間に生まれた“伏”たちと、彼らを狩る猟師の物語。

凶暴化し、人間に害をなす存在として狩られる伏だけれども、
彼らにもこの世に生まれ落ちた悲しい過去がある。
人と伏と、決してどちらを悪ともせず進む物語がいいなと思いました。

オススメ度『伏 贋作・里見八犬伝』★★★★☆

web拍手 by FC2

| 小説・エッセイ(桜庭一樹) | 22:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://j.pop.lolipop.jp/trackback/1055705
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK



blogram投票ボタン
フィードメーター - 多趣味が趣味♪



syumi
楽天バナー
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
レンタルサーバーに独自ドメイン
SEARCH THIS SITE.
OTHERS