PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
BlogPeople
あわせて読みたい


09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
浅田次郎『天切り松 闇がたり』
浅田次郎『天切り松 闇がたり』
第一巻『闇の花道』 第二巻『残侠』 第三巻『初湯千両』 第四巻『昭和侠盗伝』
 

明治の終わりから、昭和の始めの東京を舞台に、
男気あふれる義賊たちが活躍した様子を語る、“天切り松”の異名をとる松蔵が語る物語。

中抜きの名人・スリの安吉親分。
出刃を振りかざし説教を垂れる・強盗(タタキ)の寅弥。
振袖姿のお嬢様からでもスリ取れる・美人の振袖お紺。
幾多の顔を持つ詐欺の天才・百面相の常。
天切りの技で屋敷に忍び込む・黄不動の英治。


幼い松蔵が、こんな個性豊かな安吉一家のところに貰われてくるところから始まります。

とにかく、みんな粋でイナセな江戸っ子なのです。
盗みはしても、非道はせず。
貧乏人の味方なのですよ。
そして、信念がある。
けど、完全な人間でもなくて、意地っ張りだったり不器用だったり、
そこがとても魅力的。

四巻まで読んだんですが、あともう一冊出ているようですね。
それで完結しているのかは、わからないんですけど。

人々の心と共に、
帝都東京の町並みや暮らしがしっかりと感じ取れるのもすごいですね〜。
江戸ものにしろ、中華ものにしろ、
作者は実際にここに住んでたことあるんじゃないかな?って、
いつも思ってしまうのです。

オススメ度『天切り松 闇がたり』★★★★☆

web拍手 by FC2

| 小説・エッセイ(あ行の作家) | 21:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://j.pop.lolipop.jp/trackback/1055937
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK



blogram投票ボタン
フィードメーター - 多趣味が趣味♪



syumi
楽天バナー
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
レンタルサーバーに独自ドメイン
SEARCH THIS SITE.
OTHERS