PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
BlogPeople
あわせて読みたい


09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
一色さゆり『神の値段』
一色さゆり『神の値段』
宝島社 2016年2月24日発行

メディアはおろか関係者の前にも一切姿を見せない現代美術家・川田無名。彼は、唯一つながりのあるギャラリー経営者の永井唯子経由で、作品を発表し続けている。ある日唯子は、無名が1959年に描いたという作品を手の内から出してくる。来歴などは完全に伏せられ、類似作が約六億円で落札されたほどの価値をもつ幻の作品だ。しかし唯子は突然、何者かに殺されてしまう。アシスタントの佐和子は、唯子を殺した犯人、無名の居場所、そして今になって作品が運びだされた理由を探るべく、動き出す。幻の作品に記された番号から無名の意図に気づき、やがて無名が徹底して姿を現さない理由を知るー。2016年第14回『このミステリーがすごい!』大賞大賞受賞作。美術ミステリーの新機軸!(「BOOK」データベースより)
 

現代アートという、まったく縁もゆかりもない題材だったので、
へ〜〜〜〜っと思いながら読みました。

すごい面白かったわけではないけど、物語に破たんはないかな〜。
ただ、あまりに知らない世界のことだし、
金額が宇宙規模だし、感動しどころがよくわからなかったですDoCoMo

主人公や周りの登場人物がもっとキャラ立ちしていれば面白かったかもしれないけど、
やりすぎるとラノベ風になってしまうし、難しいですね。

オススメ度『神の値段』★★★☆☆

web拍手 by FC2

| 小説・エッセイ(あ行の作家) | 21:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://j.pop.lolipop.jp/trackback/1056127
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK



blogram投票ボタン
フィードメーター - 多趣味が趣味♪



syumi
楽天バナー
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
レンタルサーバーに独自ドメイン
SEARCH THIS SITE.
OTHERS