PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
BlogPeople
あわせて読みたい


12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
壱城あずさ、ロングインタビュー。

最近、私の涙腺がオカシイのですが、

しーらんのロングインタビューを見ても大号泣。

私、「泣く!」と言っても実際に泣いてることはそんなになかったんです。

(ストーリーに心を揺さぶられて泣くことは多々あるんですけど、実際に存在するその人に感情移入して泣くとか、その場の状況に感動して泣くとか、ってことはあまりなかったんですよ)

それがね・・・最近、ピアノでセリ下がっていくみちこを見て爆泣きしてからオカシイのね。

何見ても泣き放題ですよ。

 

まぁそんな話はいいのですが、

しーらんのロングインタビューは、マジ泣けた・・・。

 

先日もたまたま『黒豹の如く』のときのトクスぺを見る機会があって、

なんて熱く男役とファンを愛している人だろうと感動したんだけど。

 

しーらんが語ってくれた過去の辛さは、ほとんどのジェンヌさんがぶつかる壁ではあるとは思うんです。

それで辞めて他の道に進む人もいるだろうし、なにくそと続ける人もいる。

どっちも一度だけの人生だから、その決断は尊重したいところですが、

しーらんは逆境に立ち向かい努力をして、今の立ち位置まで登って来たんだな・・・と思ったら、もう涙なしには見られなくて。

 

正直、今回の『こうもり』と『ジ・エンターテイナー』でも、役付きは良くなかったけど、私はすごく目をひかれたの。

舞台からバンバン飛んでくる熱さと、男っぽさに釘付けになった。

そんで、じーーーーっと見てると気づいてくれるのね。

そんなファンからの目線にアンテナが立っているしーらんはとっても素敵。

 

でも「裏を返せば、自分を見てくれる人を探しているから可哀想・・・」と言った人がいて、その言葉を聞いて先日ハッとさせられました。

ロングインタビューでも「自分を見に来てくれている人がいるのが嬉しい」というような発言があって・・・。

 

新人公演時代の話の中に、「本当は主演をしてみたかった」って言葉がぽろっと入ったんですよ。

私たちファンの中では、"新公主演"というステータスを手に出来れば、完全に路線とは言えないけれど最低限のカードを手に入れたという認識があると思うんですけど、ご本人たちの中にも当然その気持ちはありますよね・・・。

だけど、新公主演は出来なかったけれど、確実にしーらんは星組スターの一員になったわけです。

 

私の中で話がまとまっていないのですが、

やるせない状況でも諦めず前を向いて下級生たちに勇気を与え、

ファンには夢を見てもらえるよう努力を惜しまず、

そして、宝塚を愛している姿に心打たれたのだと思う。

 

哀しいことですが、しーらんのポジションはこれ以上あがることはないでしょう。

それでも、「男役たるもの!!」という思いを伝えたいという、ほとばしる熱い情熱があるんですよね。

 

私がしーらんをちゃんと認識して見たのは、『ナポレオン』のブリエンヌでした。

子供時代はすごく可愛くて、成長してからはとても憂いのあるいいお芝居をする人だと感じました。

『ガイズ&ドールズ』のハリーは、大大大好きなキレキャラだったし、思わず舞台写真買っちゃうくらいカッコ良かった!

 

このインタビュー収録は、ちえちゃんの武道館ライブの直前のようで、

みちこの星組になってからのことは語られていません。

しーらんには、今どんな気持ちで星組を守っていてくれているのか、また聞いてみたいなと思いました。

そして、これからの星組にもいてもらいたい。

 

web拍手 by FC2

| 宝塚歌劇団(その他の話題) | 16:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://j.pop.lolipop.jp/trackback/1056144
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK



blogram投票ボタン
フィードメーター - 多趣味が趣味♪



syumi
楽天バナー
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
レンタルサーバーに独自ドメイン
SEARCH THIS SITE.
OTHERS