PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
BlogPeople
あわせて読みたい


11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
皆川博子『クロコダイル路地』

皆川博子『クロコダイル路地』機Ν

講談社 2016年4月19日発行

 

1789年7月14日、民衆がバスティーユ監獄を襲撃。パリで起きた争乱は、瞬く間にフランス全土へ広がった。帯剣貴族の嫡男フランソワとその従者ピエール、大ブルジョアのテンプル家嫡男ローラン、港湾労働と日雇いで食いつなぐ平民のジャン=マリと妹コレット。“革命”によって変転していくそれぞれの運命とは。小説の女王が描く壮大な叙事詩的物語と、仕組まれた巧妙な仕掛け。革命期の貿易都市ナントから始まるフランス篇。(「BOOK」データベースより)

 

 

革命に揺れるフランスを、労働者・王党派の貴族・ブルジョアという、三方から視線を変えて描いていますが、どこから見ても悲惨な光景。

一体誰が、誰のために起こした革命なんだろうか・・・と思ってしまいます。

革命後の恐怖政治は有名ですが、ここまでだったのかと愕然としました。

 

国の成り立ちの根本が崩れてしまうのって、本当に大変なことなんでしょうね。

何が悪で、何が罪なのか。

それが全くわからなくなってしまう・・・。

裁きを下すのは誰なのか。神は信じられるのか。

 

それでも日々を懸命に生きるジャン=マリの素朴さには救われたな・・・。

後半のイギリス編でも、メイの小さなことに喜ぶ様子に涙が出そうになりました。

 

そして後半には『開かせていただき光栄です』のときの登場人物たちも出てきました。

もう一回読み返したくなってしまったわ。

 

見てきたかのように描く皆川先生の緻密さは変わらず。

読み応え十分な前後編です!

 

オススメ度『クロコダイル路地』★★★★☆

web拍手 by FC2

| 小説・エッセイ(皆川博子) | 14:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://j.pop.lolipop.jp/trackback/1056152
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK



blogram投票ボタン
フィードメーター - 多趣味が趣味♪



syumi
楽天バナー
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
レンタルサーバーに独自ドメイン
SEARCH THIS SITE.
OTHERS