PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
BlogPeople
あわせて読みたい


07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
桜庭一樹『少女には向かない職業』
桜庭一樹『少女には向かない職業』
東京創元社 ミステリ・フロンティア 2005年9月30日発行

下関近くの小さな島に住む大西葵13歳。
彼女は中学2年生の一年間で、人をふたり殺した・・・。
大人と友人に挟まれて揺れ動く心を描いた物語。


少女には向かない職業
少女には向かない職業
桜庭 一樹

「あたし、大西葵13歳は、中学2年生の1年間で、人をふたり殺した。」
という、結構インパクトのある帯が付いていたため手に取った。
はやりの少年犯罪?と思ったからだ。

著者の本は初めて読んだのだけれど、どうやらライトノベルスから入った作家らしく、本書が初の一般向け作品とのこと。
読んだ感想としては、一般よりややライトノベルスに近いと思った。
まあ、主人公が中学生だしね。
でも、少女の心がとても巧みに描かれていて感心した。
「ああ、中学生ならではの悩みだよね」という、
恋愛や親に対する複雑な思い・・・。

最初の一文から、彼女がふたりの人間を殺してしまったことがわかってはいるんだけれど、その過程にハラハラして厭きずに読めた。

オススメ度『少女には向かない職業』★★★★☆

【桜庭一樹オフィシャルサイト】http://sakuraba.if.tv/

web拍手 by FC2

| 小説・エッセイ(桜庭一樹) | 14:24 | comments(0) | trackbacks(4) | - | - |









http://j.pop.lolipop.jp/trackback/280079
コズミック・ブランチ[宇宙の枝](少女には向かない職業)
「わたしはぶどうの木で、あなたがたは枝です。人がわたしにとどまり、わたしもその人の中にとどまっているなら、その人は多くの実を結びます。わたしを離れては、あなたがたは何もすることができないからです。」 (新改訳聖書 ヨハネの福音書 15章5節より)
| 音・楽・喫・茶[muse-cafe] | 2006/07/29 4:56 PM |
少女には向かない職業 桜庭一樹
少女には向かない職業 ■やぎっちょ書評 2007年初の5つ★です。でもね「よし!5つ★来ました〜」な感覚はなくって、「あぁ、5つ★ってこうなんだ」「岩に染み入る蝉の声」ってこうなんだぁ、みたいな。 正直、超、個人的感情なので他の人にはあまりグッと来ないかも
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2007/04/15 1:52 AM |
少女には向かない職業<桜庭一樹>−(本:2008年147冊目)−
少女には向かない職業 (ミステリ・フロンティア) # 出版社: 東京創元社 (2005/9/22) # ISBN-10: 4488017193 評価:74点 内容(「BOOK」データベースより) 島の夏を、美しい、とふいにあたしは思う―強くなりたいな。強くて優しい大人になりたい。力がほしい
| デコ親父はいつも減量中 | 2008/11/15 11:31 PM |
少女には向かない職業
★★★ 作者:  桜庭一樹 出版社: 双葉社   主人公は、中学2年生の大西葵という少女。彼女は下関からほど近い、ある小さな離島に住んでいました。父親は無職で酒びたり、母親は愚痴ばかりこぼしているので家にいるのが苦痛でした。でも、学校では明るい役を
| 自由の森学園図書館の本棚 | 2010/01/27 8:04 PM |
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK



blogram投票ボタン
フィードメーター - 多趣味が趣味♪



syumi
楽天バナー
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
レンタルサーバーに独自ドメイン
SEARCH THIS SITE.
OTHERS