PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
BlogPeople
あわせて読みたい


01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
PARCO歌舞伎『決闘!高田馬場』
PARCO歌舞伎『決闘!高田馬場』2006年
作・演出・・・三谷幸喜
《CAST》
市川染五郎 市川亀治郎 中村勘太郎 市川高麗蔵 澤村宗之助
松本錦吾 市村萬次郎 他

私はそんなに歌舞伎を観たことがないんですが、
歌舞伎の音楽やツケの音、唄、台詞回し、見得の切り方などの歌舞伎の要素と普通の演劇とが上手くドッキングさせてあって感心しました。
音楽もちゃんと舞台の後ろで演奏していてナマ音だし。
ツケ打ちの音がテレビだからなのかイマイチいい音に聞こえなかったのは残念でしたが。

歌舞伎界の役者さんを全然知らないので、
どの人が有名なのか良くわからなかったんですが
(市川染五郎くらいは名前は知っていましたが・・・と思ったら、映画『阿修羅城の瞳』の主演俳優でした。こっちの方が全然カッコ良かったな。舞台栄えする感じ)、
どの役者さんも芝居巧者で面白かったですね。
顔見た途端、「あ、この人知ってる!」と思った人は、
NODA・MAPの『走れメルス−少女の唇からはダイナマイト!−』にも出演していた中村勘太郎。
今日録画しておいたDVDを見てようやく「おお、この人って歌舞伎役者だったんだ」と気がついたお間抜けぶりでした。

ストーリーは、落ちぶれて酒に溺れた浪人・中山安兵衛(のちの堀部安兵衛)が陰謀の隠されたおじの決闘に助太刀するために走る・・・という有名なお話
回り盆を多用したり、高田馬場への道行きでは舞台上に張られたカーテンレール(?)をすごい速さで幕が横切ったりと、矢継ぎ早に場面が展開。
最後の盛り上がりは特に、ナマで観た方がずっと勢いが感じられて面白かっただろうなーと思いました。
PARCO歌舞伎がまた上演されるなら、
今度はナマの舞台を観に行きたいと思います。

オススメ度『決闘!高田馬場』★★★★☆

【ブログ内関連記事】三谷幸喜作品
 ・東京ヴォードヴィルショー『エトセトラ』
 ・東京ヴォードヴィルショー『竜馬の妻とその夫と愛人』
 ・映画『笑いの大学』
 ・映画『12人の優しい日本人』
 ・映画『ラヂオの時間』
 

web拍手 by FC2

| 芝居・ミュージカル(テレビ鑑賞) | 22:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://j.pop.lolipop.jp/trackback/486780
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK



blogram投票ボタン
フィードメーター - 多趣味が趣味♪



syumi
楽天バナー
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
レンタルサーバーに独自ドメイン
SEARCH THIS SITE.
OTHERS