PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
BlogPeople
あわせて読みたい


09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
タグふれんず

多趣味が趣味♪

読んだり☆観たり☆感じたり☆
<< 映画『西遊記』 | main | 恩田陸『puzzle』 >>
桜庭一樹『赤朽葉家の伝説』
桜庭一樹『赤朽葉家(あかくちばけ)の伝説』
東京創元社 2006年12月28日発行

「山の民」に置き去られ、のちには製鉄業で財を成した旧家赤朽葉家に輿入れし、「千里眼奥様」と呼ばれることになる、祖母・万葉。
町で噂の不良少女となり、そののち暴走族レディースの頂点を極めた母・毛毬。
そしてニートのわたし・トーコ。
高度経済成長、バブル崩壊を経て平成の世に至る現代史を背景に、鳥取の旧家に生きる3代の女たち、そして彼女たちを取り巻く不思議な一族の血脈を描いた物語。


赤朽葉家の伝説
赤朽葉家の伝説
桜庭 一樹

桜庭一樹の作品は2冊目。
前回読んだ作品は『少女には向かない職業』だったんですが、
私には本書の方が面白かったかな。
何を言いたいんだかよくわからない話ではあるんですが、
“山の民”出身の不思議な娘・万葉がとても魅力的でした。
主人公は語り部トーコなのかとも思うけれど、
万葉がとりあえず最後の神話の時代の担い手としての主人公でしょう。

“赤朽葉家”の“旧家”そのものとして生きていた人たちが、
現代になるにつれ、個々の人間にとして生きるようになる。
戦後半世紀という短い間に、人も街もこんなにも様変わりしたのかと、
目を見張るばかりでした。
中国地方のたたらを生業とした村。
旧家を文字通り頂点に造られただんだんの村。
上へ行きたい、少しでもいい生活がしたいという願望が戦後の発展を支え、
逆にその子供たちは迷走し始めたのか・・・?

私はトーコよりもちょっと年上くらいなのでよくわかるんだけど、
仕事に対して何かをやり遂げたいとかって、あんまりない。
もちろん夢を持って励んでいたこともあったけど、
今ではとりあえず趣味にでも生きるか、といった感じなので食べる分だけ稼げればいいかなと。
だから高校出てからずーっと同じ会社で働きつづけた親たちの世代には本当に感心する。
それが普通だった時代と、ひとつのところでずっと働いている人を見ると、
「えらいね」って言ってしまう世代。
そんな時代の移り変わりが興味深かったです。

そして、第3章になってようやく何に向かって話が流れてきたかが見えてくるというか、突然そっちに話が流れるのか〜と結構驚かされました。

第137回直木賞の候補作になった本書。
結局受賞は逃したようですが、なかなか楽しめる本でした。

オススメ度『赤朽葉家の伝説』★★★★☆

web拍手 by FC2

| 小説・エッセイ(桜庭一樹) | 15:13 | comments(2) | trackbacks(2) | - | - |
直木賞は逃しましたが、私は候補作の中でこれが一番面白かったです。万葉は魅力的でした。
神話が段々その気配をなくしていく、それが象徴的でしたねえ・・。
| ERI | 2007/07/25 1:51 AM |

>ERIさん
候補作、他のも読まれたんですね!素晴らしい。
私は一冊目がこれで、他のはまだ読んでません。
・・・とか言っているうちに、すでに受賞作が決まってしまいましたが(笑)

60年前の地方にはまだ“神話”の気配が満ちていたというのは驚きでした。
テレビの普及で日本は狭くなったと本書の中にありましたが、
今生まれた子供たちはケータイがない世の中を知らないわけですし・・・。
そう考えると、色々な科学の進歩が空恐ろしいようにも思えます。
| tomekiti | 2007/07/26 12:16 AM |










http://j.pop.lolipop.jp/trackback/622581
赤朽葉家の伝説 桜庭一樹 東京創元社
壮大な一族の物語。一族の年代記といえば、「ブッデンブローク家の人びと 」 とか、「楡家の人々」なぞを思い出してしまう。「一族」と聞いただけで、もう なにやら滅びの予感がしてしまうのは、なぜでしょう(爆)
| おいしい本箱Diary | 2007/07/25 1:46 AM |
「赤朽葉家の伝説」桜庭一樹
タイトル:赤朽葉家の伝説 著者  :桜庭一樹 出版社 :東京創元社 読書期間:2007/10/18 - 2007/10/23 お勧め度:★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス | Book off ] "辺境の人"に置き忘れられた幼子。この子は村の若夫婦に引き取られ、長じて
| AOCHAN-Blog | 2007/11/29 9:30 PM |
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK



blogram投票ボタン
フィードメーター - 多趣味が趣味♪



syumi
楽天バナー
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
レンタルサーバーに独自ドメイン
SEARCH THIS SITE.
OTHERS