PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
BlogPeople
あわせて読みたい


10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
金城一紀『映画篇』
金城一紀『映画篇』
集英社 2007年7月30日発行

『ローマの休日』『太陽がいっぱい』『大脱走』『ドラゴン怒りの鉄拳』など、不朽の名作の力も借りて、映画がキッカケで出会った人々の友情や愛を描いた連作短編集。

映画篇
映画篇
金城 一紀

2008年本屋大賞にもノミネートされた本作、読み終わりました。

金城一紀の作品を読むのは一年半ぶりくらいで、
でも、文章が金城節で、初めて読んだ本なのになんだか懐かしい(笑)

まさしく「映画観たいなー」って気持ちにさせられました。
著者は本当に映画が好きなんだろうな。
『フライ,ダディ,フライ』を読んだときも思ったけれど。
(だってスンシンは『燃えよドラゴン』が大好きだった。もちろん私はその後ちゃんと『燃えよドラゴン』を観ましたヨ〜笑)

でも、あらすじであげた不朽の名作のうち見たことあるのは『大脱走』だけ。
『ローマの休日』だけでも近いうちに観たいものです。
観たことのある人はさらに楽しめたんじゃないかな。

5つの短編ですが、どれも心があったかくなる良いお話でした。
みんな状況は違えども、1本の映画でつながっている趣向も素敵。
それぞれの思いでスクリーンを眺め、またそれがそれぞれの思い出になるんだろうなー。
音楽もそうだけど、映画もどんな状況で観たとか、
後々になってその頃の状況や感情なんかも一緒に思い出す、そんなアイテムだと思います。

オススメ度『映画篇』★★★★☆

【ブログ内関連記事】
 ・2008年本屋大賞ノミネート作品。

web拍手 by FC2

| 小説・エッセイ(金城一紀) | 23:22 | comments(2) | trackbacks(1) | - | - |
tomekitiさん、こんばんは♪
TB遅くなりました〜ごめんなさい。
お腹にくる風邪をひいておりました・・。

「ローマの休日」「太陽がいっぱい」・・私は、どれも大好きな映画です。あの時のオードリーの美しいこと。ぜひ、見てくださいね♪
| ERI | 2008/02/02 8:28 PM |

>ERIさん、こんばんは♪
風邪ひいてらしたんですか!?
でも、治られたようなのでよかったですが・・・。
うちの家族も丁度お腹の風邪をひいております。
流行っているのでしょうかね〜。

中表紙のオードリーの挿絵(ポスターの絵)もとてもキレイでしたよね。
ぜひ観てみたいと思います!
| tomekiti | 2008/02/02 11:04 PM |










http://j.pop.lolipop.jp/trackback/759254
「映画篇」金城一紀
タイトル:映画篇 著者  :金城一紀 出版社 :集英社 読書期間:2007/11/29 - 2007/12/03 お勧め度:★★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス | Book off ] 友情、正義、ロマンス、復讐、そして、笑いと感動―。五つの物語の力が、あなたを救う。今すぐ映
| AOCHAN-Blog | 2008/02/07 9:03 PM |
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK



blogram投票ボタン
フィードメーター - 多趣味が趣味♪



syumi
楽天バナー
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
レンタルサーバーに独自ドメイン
SEARCH THIS SITE.
OTHERS