PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
BlogPeople
あわせて読みたい


09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
舞台『座頭市』
『座頭市』2007年12月 新宿コマ劇場
原作・・・子母沢寛 演出・・・三池崇史 
《CAST》
哀川翔 阿部サダヲ 麻路さき 遠藤憲一 長門裕之 ほか

居合いの達人でありお尋ね者の“めくらの按摩・市”は、
数年前に一緒に旅したことのある一座と再びめぐり合う。
女でありながらも座長として一座を束ねる美貌の朱太夫に頼まれて、
次に芝居を打つ宿場町まで護衛として共に行くことになる。
しかし、宿場についてみると街を束ねるやくざたちが、
信玄公のお宝が眠る場所が記されているという地図を巡って、
対立していて・・・。


北野武の『座頭市』は見たことがあったんですが、それとは全くの別物。
うちの父親は「全然迫力がない」と哀川翔の座頭市を評していましたが、
物静かな世捨て人っぽさが私には格好良く感じました。

それに対するのが、遠藤憲一演じる錆びた刀を振り回す凄腕の浪人・竜之介。

注目の阿部サダヲは、耳が聞こえない琵琶の名手“神撥の八”。
目の見えない居合いの達人“座頭市”と意気投合して一緒に行くことになります。

賑やかに道行をする朱太夫一座の面々もユニーク。
特に陰間上がりの蘭丸が愛嬌たっぷりでした。
そして、麻路さきが美貌の朱太夫!ぎゃーーー!(爆)
久しぶりに見たなぁ〜。演技変わってないな〜(やっぱりダイコン・・・)
まあまあ、あんまり女女した役ではなかったので心穏やかに見られましたが・・・(苦笑)

そんな彼女の想い人は過去一緒に旅をした、市なのか竜之介なのか?
無事に一座は興行を行なうことはできるのか?
信玄公の埋蔵金の行方は?

舞台セットや照明も凝っていて、三味線を使った音楽などもカッコよく、
ちょっと長かったですが厭きずに観られました。

オススメ度『座頭市』★★★★☆

web拍手 by FC2

| 芝居・ミュージカル(テレビ鑑賞) | 14:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://j.pop.lolipop.jp/trackback/775556
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK



blogram投票ボタン
フィードメーター - 多趣味が趣味♪



syumi
楽天バナー
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
レンタルサーバーに独自ドメイン
SEARCH THIS SITE.
OTHERS