PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
BlogPeople
あわせて読みたい


06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
『Calli〜炎の女カルメン〜』予習
『トライアンフ・オブ・ラヴ』まであと1ヵ月!ですが、
さらに先の『カリィ』の方の予習にいそしむワタクシです。

メリメ著の『カルメン』を読んでみました。
なんとなーーくのお話は知っていたんですけれど、
ちゃんと物語を読むのは初めて。
びっくりしたんですけど、語りは考古学者だか言語学者だかのオジサン(?)なの。
学者のオジサンがスペインを旅しているとき出会ったのが、
もう悪党に成り下がってしまっていたドン・ホセ。
学者から葉巻を分けてもらったことがキッカケで。
宿屋まで共に行くのだけれど、憲兵に駆けつけられホセは去る。
別の街で学者は今度はカルメンに出会う。
その後日、囚われたホセから学者はホセとカルメンの物語を聞くことになる。

さて、肝心のカルメンですが、まぁ気まぐれな女なんですよね。
ホセもホセで、束縛男の見本みたいなんですけど、
カルメンも情熱的っていうより、それはワガママだって・・・!

と、前半はそんな感じで「オイオイ・・・」と思いつつ読んでたんですが、
最後はとにかく自由を求めたカルメンの姿がカッコイイなぁと。

「もうわたしはあんたに惚れていないんだもの」
ホセに「一緒に来てくれなければ殺す」と言われても自我を曲げないカルメンは、誰にも支配されない女だったんだなぁと。
人の顔色をうかがいつつ生活する私たちにとって、“憧れ”の存在、ですね。

『カリィ』はどんなお話になるのかな〜?
ストーリー紹介では、

ホセの処刑前夜。彼のもとに三人の亡霊が訪れる。
いづれもカルメンの魅力にとらわれ、ホセの手によって命を奪われた男たちだ。
彼らの言葉によって露わにされていくカルメンの姿。
いま炎の女・カルメンの影が、浮かび上がってゆく ──


と、なっていますけどねぇ。ああ楽しみ。

コムさんにはガンガンに踊ってもらいたいラブ
ジプシーだもん、フラメンコだよね!!!

次は、“歌劇”カルメンを観る予定。

web拍手 by FC2

| 朝海ひかる(Calli〜炎の女カルメン〜) | 21:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://j.pop.lolipop.jp/trackback/780720
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK



blogram投票ボタン
フィードメーター - 多趣味が趣味♪



syumi
楽天バナー
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
レンタルサーバーに独自ドメイン
SEARCH THIS SITE.
OTHERS