PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
BlogPeople
あわせて読みたい


09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
山尾悠子『ラピスラズリ』
山尾悠子『ラピスラズリ』
国書刊行会 2003年2月25日発行

銅版、閑日、竈の秋、トビアス、青金石のイメージが綴る、人形と冬眠者と聖フランチェスコの物語。

ラピスラズリ
ラピスラズリ
山尾 悠子

文章を読み始めたとき、すっごく雰囲気作りの上手い作家さんで、
「この人好きだ〜〜」と思いました。

国籍不明の語り手が、夜中に明かりを灯すとある画廊に立ち寄ると、
そこには3枚の版画が掛かっている。
それぞれのタイトルは、
〈使用人の反乱〉〈冬寝室〉〈人形狂いの奥方への使い〉
その絵を元にストーリーは動き始める・・・。

全部で5話からなっていて、
1〜3話は完全につながっていて、4話目は間奏曲、5話目は主題、
ということらしいです。
読み終わった後、インタビューを読んで→こちら、なるほどな〜と思いました。

でも、3話目の一番長い『竃の秋』のストーリーが、
どうしてもつかめなかった・・・。
次々と場面が飛び、本の中で完璧に迷子。
自分の読解力のなさを痛感致しました・・・。
しかも思いの他登場人物が多くて、横文字の名前が覚えられないの!
これってなんて致命的!?

冬になると眠ってしまう“冬眠者”がお話の中心にあって、
これが神秘的かつ堕落の象徴みたいで、とても印象的でした。

他の作品もぜひ読んでみたいです。
『山尾悠子作品集成』が一番てっとり早いと思うんだけど、
これがなんと8800円もするんです。
どんだけ分厚い書物なんだ!?って感じですが、
図書館で予約したらヒンシュクだろうか・・・?

オススメ度『ラピスラズリ』★★★★☆

web拍手 by FC2

| 小説・エッセイ(や行の作家) | 21:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://j.pop.lolipop.jp/trackback/801186
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK



blogram投票ボタン
フィードメーター - 多趣味が趣味♪



syumi
楽天バナー
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
レンタルサーバーに独自ドメイン
SEARCH THIS SITE.
OTHERS