PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
BlogPeople
あわせて読みたい


03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
荻原浩『愛しの座敷わらし』
荻原浩『愛しの座敷わらし』
朝日新聞出版 2008年4月30日発行

父親の左遷によって、東京から田舎町に引っ越した高橋一家。
囲炉裏まである古めかしい家には何か小さな気配が・・・?
バラバラになりかけていた家族が座敷わらしとの出会いを機に、
家族の絆を取り戻してゆくささやかな希望と再生の物語。


愛しの座敷わらし
愛しの座敷わらし
荻原 浩

出た!荻原節!
朝日新聞で連載していた小説だそうで、
ほっこりしながら安心して読めるファミリー小説でした。

誰も完全な人間じゃない。
でも少しの勇気で小さな福が生まれるかもしれない。
ちょこちょこと家の中を走る、ポカンと口をあけたおかっぱの座敷わらしが、
題名どおりとっても愛しくなっちゃいました。

荻原マジックにかかっているとわかっていても、
最後の辺りで涙がにじんでしまい、
しかもラスト一行でニヤリ。
うれしくなっちゃったなぁ、もう。

オススメ度『愛しの座敷わらし』★★★★☆

web拍手 by FC2

| 小説・エッセイ(荻原浩) | 20:31 | comments(0) | trackbacks(4) | - | - |









http://j.pop.lolipop.jp/trackback/816841
愛しの座敷わらし<萩原浩>−(本:2009年22冊目)−
愛しの座敷わらしクチコミを見る # 出版社: 朝日新聞出版 (2008/4/4) # ISBN-10: 4022504242 評価:88点 著者の本は初めて読んだ。 家族がテーマ。そういうと重松清をすぐに思い出すが、彼の小説と比べると随分と雰囲気はライトで感動もほっこりとした感じだ
| デコ親父はいつも減量中 | 2009/02/11 11:49 AM |
荻原浩『愛しの座敷わらし』
愛しの座敷わらし荻原 浩朝日新聞出版このアイテムの詳細を見る 今回は、荻原浩『愛しの座敷わらし』を紹介します。家族個々に問題を抱えている家族が東京から田舎に引越しすることになる。引越し先のの家には、座敷わらしが出るという。初期の頃は、長男の智也と祖母
| itchy1976の日記 | 2010/01/01 3:08 AM |
荻原浩「愛しの座敷わらし」
荻原浩著 「愛しの座敷わらし」を読む。 このフレーズにシビれた。  『無理』ってのは、言葉でいうもんじゃなくて、するもんなんだぞ [巷の評判] かみさまの贈りもの〜読書日記〜では, 「“家族の絆の再生”という、よくありがちなテーマだったので先が読めてしまい
| ご本といえばblog | 2010/05/25 6:30 PM |
荻原浩 「愛しの座敷わらし」
久々に読む荻原浩の長編 文庫になったので読みました。 2011年6月10日読了。 来年(2012年)GWに主演・水谷豊さんで映画公開だそうです。 愛しの座敷わらし 上巻 http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=12581&PHPSESSID=4qm908oh9r0
| 映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。 | 2011/06/13 9:37 PM |
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK



blogram投票ボタン
フィードメーター - 多趣味が趣味♪



syumi
楽天バナー
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
レンタルサーバーに独自ドメイン
SEARCH THIS SITE.
OTHERS