PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
BlogPeople
あわせて読みたい


09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
桜庭一樹『私の男』
桜庭一樹『私の男』
文藝春秋 2007年10月30日発行

お父さんからは夜の匂いがした。
狂気にみちた愛のもとでは善と悪の境もない。暗い北の海から逃げてきた父と娘の過去を、美しく力強い筆致で抉りだす著者の真骨頂『私の男』。

出版社 / 著者からの内容紹介

私の男
私の男
桜庭 一樹

なんて言えばいいんだろ・・・?ってな感じの作品でした。

地震で家族が死に、親戚の養父に育てられた花は明日結婚する。
しかし、彼らの関係は彼らにしかわからない濃密なもの・・・。

語り手を変えながら遡っていく物語。
理解できるような気がするところもあるにはあるけど、
ひたすらに黒く歪んだ世界でした。
完璧に彼は狂っている、と思う。
そして、そんな養父から逃げたくて、でも逃げたくない、娘。

でも、逆になんであんなに偏愛していた養父から逃げようと思ったんだろう?
それが読んでいて謎でした。
「骨になっても一緒」とまで考えていたのに。
物語が遡っていく分、心の動きも反対方向に動いていて、
本の最後の始まりの物語を読んだ今、もう一度頭から読めば理解できるのか・・・?

まあ、もう一度読みたくはない・・・かな〜。

オススメ度『私の男』★★★☆☆

web拍手 by FC2

| 小説・エッセイ(桜庭一樹) | 21:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://j.pop.lolipop.jp/trackback/830774
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK



blogram投票ボタン
フィードメーター - 多趣味が趣味♪



syumi
楽天バナー
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
レンタルサーバーに独自ドメイン
SEARCH THIS SITE.
OTHERS