PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
BlogPeople
あわせて読みたい


10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
中島らも『今夜、すべてのバーで』
中島らも『今夜、すべてのバーで』
講談社文庫 1994年3月15日発行

アル中患者として緊急入院することになったライター小島容。
夜中にベッドから落ちるおじいちゃん、闘病中の少年、ひたすら五月蝿いオバちゃん三人組など、個性的な人々の中での検査の日々・・・。
病院暮らしの果て小島がたどり着くところは・・・?
第13回吉川英治文学新人賞受賞作。


今夜、すべてのバーで (講談社文庫)
今夜、すべてのバーで (講談社文庫)
中島 らも

アルコール中毒、正しく言うとアルコール依存症。

私はけっこうイケる口なもので、ちょっと気になるアル中事情なんですが、
「お酒が好き」という人は、そんなにアル中にはならないんだそうです。
ではどんな人が危ないか?というと、
お酒を道具にしてしまう人が危ないらしい。
酩酊するための道具。嫌なことを忘れるための道具。
良かったーそんなお酒はイヤだもんなぁ・・・と思いつつも、
酒で身を滅ぼさないようやっぱり気をつけなきゃいけませんね。

ちゃんとした小説なんですが、
どこかルポのように物語の間に小難しい薬物中毒などの話が入ったりして、
そこがまた読み応えがあって面白かったです。

この主人公はアル中に関する本を肴に酒を飲み、
アル中になってしまったインテリで、
客観的に自分を見られるにも関わらず、
わかっていながら突き進んでしまい、
逆にそんな自分を面白く思っている節がある。

好きな酒を飲んで死ぬか、酒を断ってでも生きるか。
どんな最後を迎えるのか読んでいてドキドキでした。

オススメ度『今夜、すべてのバーで』★★★★☆

web拍手 by FC2

| 小説・エッセイ(な行の作家) | 15:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://j.pop.lolipop.jp/trackback/906056
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK



blogram投票ボタン
フィードメーター - 多趣味が趣味♪



syumi
楽天バナー
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
レンタルサーバーに独自ドメイン
SEARCH THIS SITE.
OTHERS