PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
BlogPeople
あわせて読みたい


07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
タグふれんず

多趣味が趣味♪

読んだり☆観たり☆感じたり☆
宮ノ川顕『化身』
宮ノ川顕『化身』
角川書店 2009年10月22日発行

一週間の休暇を南の島で過ごそうと旅に出た男は、軽い気持ちで密林へと分け入り、池に落ちて出られなくなってしまう。耐え難い空腹と絶望感、死の恐怖と闘いながら、なんとかして生き延びようとする彼は、食料を採ることを覚え、酒を醸造することを覚え、やがて身体が変化し始め、そして…。端正な文体で完璧な世界を生みだした、日本ホラー小説大賞史上最高の奇跡「化身」に、書き下ろし「雷魚」「幸せという名のインコ」を収録。(「BOOK」データベースより)

化身
化身
宮ノ川 顕

装丁って大事だなぁって思いました。
ガーベラなのかコスモスなのかわかりませんが、可憐な白い花で形作られた熊のぬいぐるみ。
けれど、その隙間から覗く1つの目の恐ろしいこと・・・!
なぜか惹きつけられて手にとってしまいました。

さて、本文ですが、
第16回ホラー大賞受賞の表題作『化身』はたんたんとし過ぎてて、
ちょっと意味がわからんなーって感じでしたねぇ。
カフカの『変身』をモチーフにしていることはわかる。

むしろ3本目の「幸せという名のインコ」が一番良かったです。

個人でデザイン事務所を経営しながらも、景気悪化と共に業績不振にあえぐ男の家族の下に、真っ白い羽と葡萄色の瞳のインコがやってくる。
おしゃべり好きのインコはいつしか家族の中心に置かれるようになるが・・・。

家族への愛とか、お金への見方とか。

ラストは「そうだったのか・・・!」と、
足先からスーーーっと血の気が引きました。

3本共バラバラな感を受ける短編集。
これからどんな作家になるのでしょうか?

オススメ度『化身』★★★☆☆

【ブログ内関連記事】ホラー大賞関連
 ・岩井志麻子『ぼっけえ、きょうてえ』
 ・恒川光太郎『夜市』
 ・雀野日名子『トンコ』
 ・真藤順丈『庵堂三兄弟の聖職』

web拍手 by FC2

| 小説・エッセイ(ま行の作家) | 21:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
岩井志麻子『ぼっけえ、きょうてえ』
岩井志麻子『ぼっけえ、きょうてえ』
角川書店 1999年10月発行

岡山の北、貧しい村で育った女郎がお客に聞かせる“ぼっけえ、きょうてえ”寝物語。
第6回日本ホラー小説大賞、山本周五郎賞受賞作。


ぼっけえ、きょうてえ
ぼっけえ、きょうてえ
岩井 志麻子

ホラー小説っていやぁなイメージがあって読まなかったんですが、
ホラー大賞作を読むようになって、
実は面白いジャンルなんだと気がつきました。
『夜市』『トンコ』『庵堂三兄弟の聖職』に続いて、4冊目のホラー大賞受賞作を読破。

すべて明治時代の岡山を舞台にした小説を4つ収録した短編集。
どれもクオリティが高かったんですが、
中でも“とても、こわい”という岡山弁“ぼっけえ、きょうてえ”をそのまま題名にした表題作が一番面白かったです。
まったく着地点が見えなくて、おぞましい農村の実態を背景に彼女の話はどこにたどり着くのだろうとドキドキしました。

方言ってのがまたいいですよね。
私が東京育ちってのもあるんでしょうけど(ちょっとした方言ならありますが)。

他の作品も読んでみたい!

オススメ度『ぼっけえ、きょうてえ』★★★★☆

【ブログ内関連記事】日本ホラー大賞関連
 ・恒川光太郎『夜市』
 ・雀野日名子『トンコ』
 ・真藤順丈『庵堂三兄弟の聖職』

web拍手 by FC2

| 小説・エッセイ(あ行の作家) | 20:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
雀野日名子『トンコ』
雀野日名子『トンコ』
角川ホラー文庫 平成20年10月25日発行

高速道路で運搬トラックが横転し、食用のために育てられた一匹の豚、トンコが脱走した。兄弟たちの匂いに導かれ、山や街を彷徨うが・・・。
日本ホラー小説大賞短編賞を受賞した表題作をはじめ、親の愛情に飢えた少女の物語「ぞんび団地」、究極の兄妹愛を描いた「黙契」を収録。


トンコ (角川ホラー文庫)
トンコ (角川ホラー文庫)
雀野 日名子

どれももの悲しさがただよう3編でしたが、良かったです。
“ホラーらしくない”という謳い文句で手に取ったんですが、
こういうのなら好き。
同じ日本ホラー大賞受賞の恒川光太郎も好きだし。
スプラッタはイヤだけど、人間の闇の部分の話とか、不可思議な物語とか、
面白いと思う。

情景描写もとても上手。
そして何より心理描写が良くて、チリチリと心を刺激され涙が出ました。
特に2つ目の『ぞんび団地』のあっちゃんには泣かされました。
だってけな気なんだもん〜〜〜〜。

この短編でデビューなのかと思っていたんですが、
他の作品でも受賞していたようですね。
道理で上手いハズだよなー。
他の作品も読みたいけど、そっちは本格的な怪談物らしくちょっと躊躇しています。

オススメ度『トンコ』★★★★☆

【ブログ内関連記事】日本ホラー大賞関連
恒川光太郎『夜市』真藤順丈『庵堂三兄弟の聖職』

web拍手 by FC2

| 小説・エッセイ(さ行の作家) | 22:40 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK



blogram投票ボタン
フィードメーター - 多趣味が趣味♪



syumi
楽天バナー
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
レンタルサーバーに独自ドメイン
SEARCH THIS SITE.
OTHERS